ドラフト点数表/ラヴニカ:ギルドの都

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

[編集] 白・コモン

7点:尊い祖霊/Benevolent Ancestor - C
基本プリベンター
6.5点:ボロスの怒りの盾/Boros Fury-Shield - C
赤白のようにダメージ優先のデッキで使うべき、それ以外では入れない。
3点:介護人/Caregiver - C
能力も弱く只の1マナ1/1。
8点:議事会の乗馬兵/Conclave Equenaut - C
6マナはあまり軽くはないが、飛行生物は重要。
4点:議事会の祝福/Conclave's Blessing - C
硬い生物が欲しければ使うが、使いたいまでのオーラではない。
6.5点:急使の鷹/Courier Hawk - C
ギルドパクトで1/1の飛行が増えたので重要度アップ。
4.5点:ドローマッドの純血種/Dromad Purebred - C
タフネス5はそれなりに固い。
8.5点:信仰の足枷/Faith's Fetters - C
どんなパーマネントでも止められる。ライフ能力も文句なし。
2点:門番の猟犬/Gate Hound - C
コストの割に小さすぎ。
3点:痕跡消し/Leave No Trace - C
サイドボード用カード。
6.5点:夜番の巡回兵/Nightguard Patrol - C
標準的な生物。今回は召集があるので、低マナ警戒は序盤戦闘とそれ以外でも役立つ。
7点:金切り声のグリフィン/Screeching Griffin - C
基本のフライヤー。
7.5点:古参兵の武具師/Veteran Armorer - C
クリーチャー戦の多いドラフトではこいつの能力は地味に効いてくる。自身も熊なので単体で見てもそれなり。
5.5点:議事会の崇拝者/Votary of the Conclave - C
再生マナはかかるが、中盤以降の防御要員としては充分。本体が軽いのも良い。
4点:ウォジェクの薬剤師/Wojek Apothecary - U
4マナプリベンターとしては使い勝手が悪すぎる。
6点:ウォジェクの号笛/Wojek Siren - C
うまく使えば全体強化。基本コンバット・トリック

[編集] 白・アンコモン

7点:オーラ掠りの魔道士/Auratouched Mage - U
オーラの枚数によってかなり扱いが変わる。サーチできるオーラが2~3枚あればありか。
7点:照らす光/Bathe in Light - U
あると便利な1枚。多色クリーチャーに打つといい。
4点:ヴィトゥ=ガジーの詠唱/Chant of Vitu-Ghazi - U
状況次第ではかなりのライフを得られるが重過ぎる。
7点:議事会の密集軍/Conclave Phalanx - U
緑白トークンデッキで使うと大幅なライフが得られる。壁として使える点もいい。
8点:貪る光/Devouring Light - U
0マナでも飛ばせる除去発掘対策にも。
7点:爆撃グリフィン/Divebomber Griffin - U
そこまでコスト・パフォーマンスは高くないが、飛行でパワー3ならそれで十分。
4点:ギルドパクトの祝祭/Festival of the Guildpact - U
クリーチャーは軽減できないので弱い。キャントリップとして使うのが基本。
7.5点:誓いを立てた巨人/Oathsworn Giant - U
戦線が非常に安定する。トークンが1/3になる状況は圧巻。
6.5点:砂蒔き/Sandsower - U
タッパー。緑白以外では使いにくそうだが、他の色でもそこそこ活躍する。
6点:火花の結実/Seed Spark - U
トークンが出るので緑白ならメインデッキから。対象印鑑で充分。
4点:抑制の場/Suppression Field - U
石の死の姉妹/Sisters of Stone Death制圧の輝き/Glare of Subdualなどのゴッドカードを封じたい場合にのみサイドインすればよいだろう。

[編集] 白・レア

5.5点:魅力的な執政官/Blazing Archon - R
出れば勝てるが9マナという重さが問題。
7点:一枚岩の努力/Concerted Effort - R
飛行持ちが1匹でもいればゲームエンド。
4点:ちらつく形態/Flickerform - R
重い再生/Regeneration
4点:無垢の幽霊/Ghosts of the Innocent - R
自軍も半分になるのでイマイチ。
9点:報いの時/Hour of Reckoning - R
リセットボタンは強力。トークン持ちならさらに強力。
8.5点:狩り立てられたラマスー/Hunted Lammasu - R
5/5飛行。つまり4回殴れば勝ち。デメリットは相手次第。
1点:認可の光/Light of Sanction - R
構築でどうぞ。
6点:ロクソドンの門番/Loxodon Gatekeeper - R
相手に除去が少なければ大きくテンポの差をつけられる。
6点:三つの夢/Three Dreams - R
オーラが4枚以上は入っているデッキで。デッキは選ぶが除去3枚持ってこられると考えればかなりの破壊力。
5.5点:黄昏の群れ操り/Twilight Drover - R
トークンを生み、かつ生け贄に捧げるなどのギミックが必要。一度動き出せば強いが仕込むのは手間。

[編集]

[編集] 青・コモン

6.5点:強迫的な研究/Compulsive Research - C
3枚は掘れる。終盤には土地が必要なくなるだろうし。
7点:巻き込み/Convolute - C
かなり信頼のおけるラヴニカ青の基本カウンター
3点:目くらましの呪文/Dizzy Spell - C
その場しのぎにしかすぎない。変成は悪魔火/Demonfireでもあれば有用だろうか。
5.5点:ドレイクの使い魔/Drake Familiar - C
ギルドパクトでオーラが増えたので点数が上がったが、使いやすいカードではない。タフネスが1なので注意。
7点:幻の漂い/Drift of Phantasms - C
飛行のタフネス5は非常に強力。
7点:空想の飛行/Flight of Fancy - C
緑系なら高得点。青タッチでも使いやすい。
3点:灰鱗のガリアル/Grayscaled Gharial - C
渡れても1点では嬉しくない。
6点:妄想の誘導/Induce Paranoia - C
カウンターはリミテッドでは使用を迷うところ。青黒ライブラリー破壊なら悪くない。
4点:交錯の混乱/Muddle the Mixture - C
対象が限定されているカウンターはあまり嬉しくない。
7点:現実からの剥離/Peel from Reality - C
自クリーチャーを守りつつ、テンポを奪っていける。使いどころはかなり多い。
3点:早変わり/Quickchange - C
色を参照するカードがインベイジョン・ブロック程多くないので、ドローに期待。光輝対策としてサイドボードにとっておくと活躍する場面もあるかもしれない。
7点:噛みつきドレイク/Snapping Drake - C
コモンでは優秀なクロック。タフネスが低いのが欠点か。
6点:停滞の監房/Stasis Cell - C
使いまわせる擬似除去
6.5点:検分するスプライト/Surveilling Sprite - C
アドバンテージを失わない。
7点:破れ翼のドレイク/Tattered Drake - C
再生つきフライヤー。硬すぎ。なかなか突破できない。ただし青黒限定。
6点:土を形作る者/Terraformer - C
3マナ2/2と見るべき。一応渡り系対策&マナフィルター。
7点:潮水の下僕/Tidewater Minion - C
地上ががっちりと止まる上、システムクリーチャーの使い回しは凶悪。マナがあまる後半には主力となる。
7.5点:ヴィダルケンの放逐者/Vedalken Dismisser - C
重くて使えなそうに見えるがなかなかのやり手。
6.5点:ヴィダルケンの幻惑者/Vedalken Entrancer - C
ナイス壁。ライブラリー破壊も地味にプレッシャー。
3点:西風のスピリット/Zephyr Spirit - C
何故こうも弱いのか分からない。

[編集] 青・アンコモン

8点:鐘塔のスフィンクス/Belltower Sphinx - U
このサイズ飛行持ちというだけで頼れ、ライブラリー破壊リミテッドでは有用。シングルシンボルなのでタッチでの採用も可能なのも嬉しい。
6点:天上の案内者/Ethereal Usher - U
大型クリーチャーとの相性は良いがやや重い。
5点:発想の流れ/Flow of Ideas - U
6マナの時点で使って引けるカードは3~4枚といったところ。カードアドバンテージは稼げるがいかんせん重い。土を形作る者/Terraformerと合わせれば6枚以上も。
7点:穏やかな霞/Halcyon Glaze - U
攻撃のみだが4/4飛行はでかい。
5.5点:知識の仲買人/Lore Broker - U
リミテッドでは自分だけ良い思いをするのは難しい。
7.5点:立ち退きの印/Mark of Eviction - U
テンポを相当稼いでくれるカード。それだけで価値がある。CIP付きクリーチャーつけるというコンボも有用。
3点:記憶のきずな/Mnemonic Nexus - U
ライブラリー破壊デッキ対策としてならそこそこ。サイドボード用。
5.5点:差し戻し/Remand - U
構築ほどの性能は発揮できないが、最低限ドロー出来るし、1ターン稼げる時もあるので悪くはない。
6点:時間の把握/Telling Time - U
非常に使いやすいドロー操作インスタント。とりあえず入れて損は無い。
6点:皺だらけの密告者/Wizened Snitches - U
腐ってもフライヤー。能力は気にしない方向で。

[編集] 青・レア

8.5点:紺碧のスフィンクス/Cerulean Sphinx - R
ペナルティなしの大型フライヤー。
5点:エンチャント複製/Copy Enchantment - R
オーラが多めのデッキなら活躍するかも。
9点:夢のつなぎ紐/Dream Leash - R
タップ状態限定とはいえ押収/Confiscateが弱いわけもなく。
1点:嵐の目/Eye of the Storm - R
コンボが狙えないと意味が無いばかりか、場合によっては相手に悪用されかねない。
9点:追われる足跡/Followed Footsteps - R
自分でも相手でもつけられる。対処されなければすごい戦場になる。
2点:ゴロゾス/Grozoth - R
絶対出せないとは言わないが、出しても攻撃できづらいのでイマイチ。変成も不可。
7.5点:狩り立てられた幻/Hunted Phantasm - R
軽く、ブロックされない大型クリーチャー。ゴブリントークンも所詮1/1なので問題なし。出しどころに要注意。
5点:落とし子の仲買人/Spawnbroker - R
システムクリーチャーと交換するのが主な使い方。
3点:視野狭窄/Tunnel Vision - R
重いし使い難い。構築向けのカード。

[編集]

[編集] 黒・コモン

7.5点:脳崩し/Brainspoil - C
汎用除去変成は使わない。
6.5点:すがりつく闇/Clinging Darkness - C
意外にやり手。パワー4までのアタッカーなら完全に封じられる。
7点:ディミーア家の護衛/Dimir House Guard - C
畏怖は勝負を決める事もある。再生よりも生け贄能力の使い道が広い。
8点:腹わた抜き/Disembowel - C
汎用除去。シングルマナであるがやや重いのが難点か。
3点:感染性の宿主/Infectious Host - C
サイズに難あり。よほどの使い回しギミックがあるならともかく。
8点:最後の喘ぎ/Last Gasp - C
汎用除去。インスタントで使いやすい。
6.5点:死足虫/Mortipede - C
基本的には使い捨てだが、膠着状態ではフィニッシュとなりえる。
6.5点:屍術の渇き/Necromantic Thirst - C
回避能力持ちにつければアドバンテージ祭り。相手のクリーチャーに付けても攻撃を牽制できる。やや使いどころが難しいカード。
6.5点:屋根伝いのワイト/Roofstalker Wight - C
ディミーアデッキの基本クリーチャー。
5.5点:サディストの穴開け魔道士/Sadistic Augermage - C
能力は自分も痛い事が多い。攻撃的なデッキでも入れたくないレベル。
6点:下水溜まり/Sewerdreg - C
黒をタッチすることは少なくない。渡りは非常に強力。
3点:引き裂かれた記憶/Shred Memory - C
対ゴルガリのサイドボード要員。
8点:臭い草のインプ/Stinkweed Imp - C
どんなクリーチャーでも止められる凶悪クリーチャー。
6点:不死の断片/Strands of Undeath - C
どうせつけるのならタフネスの低いクリーチャーにつけよう。
5点:思考抜きの魔女/Thoughtpicker Witch - C
マナ・カーブを整えるにはいい。能力はクリーチャーが死ぬときに使う。

[編集] 黒・アンコモン

5点:屍肉吠え/Carrion Howler - U
素のままでは弱い。オーラが多いデッキなら。
6点:暗黒破/Darkblast - U
タフネス1の嫌なクリーチャーを除去できる。アップキープに使えばタフネス2も除去可能。
3点:ディミーアの策謀/Dimir Machinations - U
使った時点でカードアドバンテージを失っているのが厳しい。
6点:ゴルガリの凶漢/Golgari Thug - U
嫌なクリーチャーを使いまわせる。ドローが止まりがちになるので注意。使い方に多少コツが要る。
8.5点:叫び回るバンシー/Keening Banshee - U
適正化された火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu。除去の後アタッカーにも。
7.5点:霊廟の牢番/Mausoleum Turnkey - U
4マナ3/2ならそれなり。さらに能力は、自分で選べないとはいえアドバンテージには変わりない。
5点:冥界生まれの密集軍/Netherborn Phalanx - U
やや重くなおかつこれ自身はフィニッシャーにならない。
5.5点:悪夢の虚空/Nightmare Void - U
手札破壊だがちょっと重め。
8点:夜の飾り紐/Ribbons of Night - U
色拘束が薄いため、かなり強力。青を使ってなくても可。
6.5点:地底街の影/Undercity Shade - U
止められなければ強力だが、流石に重すぎ。
6点:死後剛直/Vigor Mortis - U
デッキのクリーチャー次第だが、そこそこ。
5点:執念深い群衆/Vindictive Mob - U
5/5だが、コストは重め。どうしてもでかいクリーチャーが必要ならば。

[編集] 黒・レア

1点:血の呼び水/Blood Funnel - R
クリーチャーの方が普通重要。
6点:闇の腹心/Dark Confidant - R
ギャンブル性の強いカード。好みが分かれる。
4点:地下墓地の総ざらい/Empty the Catacombs - R
アドバンテージを一気に稼げる可能性あり。ただし、リミテッドではノンクリーチャーデッキなど存在しないので厳しい。
8点:ヘルドーザー/Helldozer - R
6マナ6/5ということが重要。能力に助けられることもある。
9.5点:呪詛/Hex - R
自分のクリーチャーが多少巻き添えにならざるをえないが、それでもあまりある強さ。
3点:狩り立てられた恐怖/Hunted Horror - R
自殺になりかねない。
4点:月光の取り引き/Moonlight Bargain - R
発掘持ちのカードを墓地に送る手段か。やや重め。
7点:屍の原形質/Necroplasm - R
トークンデッキに効く好カード。緑白の弱体化によりやや得点ダウン。
2点:過去の罪/Sins of the Past - R
6マナも払って再利用したい呪文があるなら、それを引く呪文を入れよう。
8点:悲哀をもたらす悪魔/Woebringer Demon - R
大型フライヤー。状況を選ぶものの基本的には強力。

[編集]

[編集] 赤・コモン

5.5点:蛮族の裂け目切り/Barbarian Riftcutter - C
殴れる本拠地ランド対策カード。
5点:石炭運びの豚/Coalhauler Swine - C
赤で4/4は貴重だが、無理して入れるほどではない。能力で自滅しないよう注意。
5点:袋叩き/Dogpile - C
コストの割りにはやや弱い気が。
8点:焦熱の結末/Fiery Conclusion - C
除去。投げるカードに気をつけよう。
8点:感電の弧炎/Galvanic Arc - C
汎用火力が弱いはずなし。
3点:ゴブリンの火の悪鬼/Goblin Fire Fiend - C
1/1か何かで相打ちされることが多い。
5点:ゴブリンの洞窟探検家/Goblin Spelunkers - C
だと真っ先に焼かれる。これに除去を使ってくれるならば御の字ともいえるが。
4点:恐慌の扇動/Incite Hysteria - C
除去が取れなければ。
6.5点:オルドルーンの猛士/Ordruun Commando - C
赤白の主戦力足りうる。
4点:燃えさしの雨/Rain of Embers - C
使うタイミングが限定しすぎる。
6点:野良剣歯猫/Sabertooth Alley Cat - C
安定してクロックを刻める。極端にテンポが悪くなるので使いどころを見極めて。
4点:地鳴りの撃ち込み/Seismic Spike - C
この環境では壊したい土地はたくさんある。問題は出てきた2マナをどう使うか。
6点:売剣の粗暴者/Sell-Sword Brute - C
デメリットはともかく2マナ2/2は合格ライン。
6.5点:スマッシュ/Smash - C
印鑑を壊してアドバンテージを得れば充分。他にも壊したいアーティファクトはやや多い。
5点:火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprentice - C
戦闘が多く行われるのなら除去として働くが、マナに比べてダメージが少ない。
1点:盲信のうねり/Surge of Zeal - C
光輝を活かすのは難しく、1体にしか与えられないならカードの無駄。
5点:無気力なモロク/Torpid Moloch - C
相手が常に警戒してくれる。そういう意味で強い。
8点:ヴィーアシーノの牙尾/Viashino Fangtail - C
重い分、頑丈になったティム。
5点:ヴィーアシーノの斬鬼/Viashino Slasher - C
マナさえ払えば2マナでパワー2。リミテッドでは1マナあまるのは稀なことではない。
7点:戦松明のゴブリン/War-Torch Goblin - C
場合によっては1:2の取引が期待できる。立っているだけでも強力な抑止力。

[編集] 赤・アンコモン

8点:大爆発/Blockbuster - U
相手の牽制に使える。最後の一押しにも可。
8点:浄化の光線/Cleansing Beam - U
うまく使えれば、相手の戦線を一気に崩壊させられる。自軍のタフネスと相談しながらタイミングを選ぼう。
6点:緊急徴兵/Flash Conscription - U
若干重いが、1対2交換を狙える。
7点:激情のゴブリン/Frenzied Goblin - U
小粒なもののブロック制限能力は強力。赤白で使おう。
7点:大いなる溶鉄の精/Greater Forgeling - U
ブロックされなかったときに6/1になれる。普段の姿も堅実。
6点:年季奉公の鈍愚/Indentured Oaf - U
悪くはないが、赤が少ない環境ではない。
6点:激情の賦活/Instill Furor - U
システムクリーチャーを除去しよう。
4点:経路変更/Reroute - U
使う場面が限られる。サイドボード専用だろう。
2点:石揺すりのシャーマン/Stoneshaker Shaman - U
デメリットを相殺しづらい。
7点:ウォジェクの燃えさし魔道士/Wojek Embermage - U
相手によっては状況を選ぶものの、かなりの抑止力となる。

[編集] 赤・レア

2点:憤怒の息吹/Breath of Fury - R
一度で決めないと逆に負けかねない。
9点:黒焦げ/Char - R
色が適正になった心霊破/Psionic Blast。現行火力では極めて優秀。
6点:責めさいなむ者/Excruciator - R
安定したフィニッシャー。ただし重い上、回避能力がない。
9点:炎の一斉攻撃/Flame Fusillade - R
複数除去としてもプレイヤーへのX火力としても使える非常に強力な火力。大抵撃てばゲームが終わる。
8.5点:槌拳の巨人/Hammerfist Giant - R
移植等でタフネスが上がれば異常な制圧力。能力起動時は火力に注意。
9点:狩り立てられたドラゴン/Hunted Dragon - R
騎士さえ気をつければフィニッシャー。
2点:精神の骨折り/Mindmoil - R
不安定すぎる。
6点:溶鉄の歩哨/Molten Sentry - R
コイン投げに負けても2/5ブロッカー。悪くはない。
4点:歪んだ世界/Warp World - R
どうしようもない状況でも唱えれば何とかなることがある。

[編集]

[編集] 緑・コモン

8点:棘茨の精霊/Bramble Elemental - C
最低でも5マナ4/4。オーラ次第でで大きく化けることも。
7.5点:護民官の道探し/Civic Wayfinder - C
ライブラリー圧縮にもなるクリーチャー。多色推奨であるこの環境ならなおさら。
3点:ドライアドの愛撫/Dryad's Caress - C
重いだけのライフ回復。白があるならコンバット・トリックにもなるが、アンタップだけでは厳しい。
6点:深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow - C
マナ加速、黒緑だと7点。
7点:エルフの空掃き/Elvish Skysweeper - C
能力は使えればラッキー。危険なフライヤーは少なくない。
7点:遥か見/Farseek - C
他色サーチはこの環境にぴったり。
6.5点:鉄の樹の拳/Fists of Ironwood - C
壊されても最小限に食い止められるはず。
7点:かき集める勇気/Gather Courage - C
基本コンバット・トリック
5点:ゴルガリの茶鱗/Golgari Brownscale - C
ダブルシンボルの割にサイズが不安。
7点:大いなる苔犬/Greater Mossdog - C
緑の基本クリーチャー。
6.5点:種のばら撒き/Scatter the Seeds - C
インスタントでのトークン生成は強力。
8点:包囲ワーム/Siege Wurm - C
基本ファッティ
3点:石蒔きの秘儀司祭/Stone-Seeder Hierophant - C
重くて非力。2マナ出る土地をアンタップするとマナがたくさん出るが、それだけ。
6点:隔離する活力/Sundering Vitae - C
対象に困らず、メインデッキから積んでも問題無い。
6.5点:光と成す者/Transluminant - C
緑白ならプラス1点

[編集] 緑・アンコモン

7点:木彫りの女人像/Carven Caryatid - U
がっちり堅くてカードも引ける有難いやつ。
6.5点:占い棒使いのシャーマン/Dowsing Shaman - U
3/4としては少々重いが使えなくはない。ディセンションで印章を取れると恐ろしいことになる。
4点:巨体の蜘蛛/Goliath Spider - U
出せる見込みがあるなら。
4点:蔦の踊り手/Ivy Dancer - U
用サイドボード。
9点:腐れ蔦の外套/Moldervine Cloak - U
対策手段が限られるため、基本的に引けば勝てる。
6.5点:虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd - U
普通にブロッカーになる。能力も、エンチャントが広く使われるこの環境では重宝。
7点:圧倒/Overwhelm - U
踏み荒らし/Overrunほどの威力はないが、エンドカードにはなり得る。
3点:危険な進出/Perilous Forays - U
重い割にクリーチャーも消費してしまう。
7点:喚起/Recollect - U
汎用性が高く、タッチでも使用できるマナ・コスト
4点:横揺れの増長/Rolling Spoil - U
本拠地ランドや大量のトークンへのサイドボード用カード。
6.5点:根の血族の同盟者/Root-Kin Ally - U
ほぼ緑白専用か。緑白なら+1点。
8点:戦利品狩り/Trophy Hunter - U
かなり強力な飛行対策。

[編集] 緑・レア

7点:極楽鳥/Birds of Paradise - R
マナ加速というより色調整に最適か。
6点:召喚の調べ/Chord of Calling - R
今回の環境ではフィニッシャーがやや重い感じがするので。
4点:倍増の季節/Doubling Season - R
トークンを出せるタイプのデッキなら。
9点:ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll - R
能力がかみ合っていてフィニッシャーになる。発掘ライブラリーアウトしないよう注意。
5点:狩り立てられたトロール/Hunted Troll - R
相手にダメージを与え始めるまでに隙があり、難しい。
2点:壌土からの生命/Life from the Loam - R
土地のために他のカードを犠牲にするのはあまり有効ではない。
8点:始原の賢者/Primordial Sage - R
大きい上にドローも期待できる。
7点:野生の末裔/Scion of the Wild - R
中堅ながらもデカくなる可能性あり。
9点:ウルサパイン/Ursapine - R
どんな小物でも大きく化ける。
5点:殴打蔦の葛/Vinelasher Kudzu - R
初手でくればラッキー

[編集] マルチカラー

[編集] マルチカラー・コモン

6点:屍賢者の助言/Consult the Necrosages - C
分かりやすいアドバンテージカード
6点:ディミーアの浸透者/Dimir Infiltrator - C
オーラ強化すると強力。ブロックもできる。
8点:ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm - C
能力はとどめ用だが意外に侮れない。
6点:ヴィトゥ=ガジーの守護者/Guardian of Vitu-Ghazi - C
やや非力。とはいえ強力なブロッカーには違いない。
4点:当惑/Perplex - C
肝心の呪文は打ち消せない。
7点:正義の再興/Rally the Righteous - C
速攻向き。案外アンタップが不意打ちブロックなどで役に立つこともあるが。
7.5点:力の種/Seeds of Strength - C
2マナになった分、汎用性が高くなった巨大化/Giant Growth
8点:セレズニアの福音者/Selesnya Evangel - C
放っておいたらいつの間にかトークンがわんさか。
7点:よろめく殻/Shambling Shell - C
チャンプしてよし、強化してよし、掘ってよしのナイスクリーチャー。
8点:空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire - C
ボロスデッキの基本クリーチャー。これが何体取れるかでデッキの完成度が大分変わる。
8点:雷楽のラッパ吹き/Thundersong Trumpeter - C
序盤は攻撃要員に、終盤はコントロールにと活躍。
5.5点:森の悪霊の絞殺者/Woodwraith Strangler - C
マナがかからない再生付きとはいえやや重い気がする。

[編集] マルチカラー・アンコモン

6点:ボロスの速太刀/Boros Swiftblade - U
実質2マナ2/2。パワーを上げればなお更よし。
7点:地底街の手中/Clutch of the Undercity - U
バウンスついでにライフも奪う。使いどころはあるものの、色拘束がきつい。
6.5点:夜明けの集会/Congregation at Dawn - U
後半にファッティを3体もトップデッキできれば負けるわけも無く。
4点:森の暗き中心/Dark Heart of the Wood - U
ライフ回復の中では悪くはないが、強いというわけでもない。多色環境なので森の枚数が限られるのも難点。
8点:よだれ垂らしのグルーディオン/Drooling Groodion - U
制圧力は圧巻。ややタフネスが低いのは難だが、十二分に強力。
6点:炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealot - U
そこそこ強いが色拘束がきつい。
4点:ゴルガリの発芽/Golgari Germination - U
相打ちがアトバンテージに変わる。
8.5点:稲妻のらせん/Lightning Helix - U
2マナ3点+αは強力すぎる。
8点:モロイ/Moroii - U
ナイス中堅フライヤー。ライフロスは目をつぶって。
8点:花粉光の羽/Pollenbright Wings - U
ファッティにつけばそれだけでゲームが終わることも。
5点:精神の吸収/Psychic Drain - U
ライブラリーアウトデッキ用。
9点:化膿/Putrefy - U
どんなクリーチャーでも殺せる。そうでなくても、壊したいアーティファクトだってたまにはある。
7点:セレズニアの鋭射手/Selesnya Sagittars - U
飛行が止められるし、しかも2体止められるけど、攻めには使えない。
7点:サンホームの処罰者/Sunhome Enforcer - U
殴り返しを気にせず殴れるアタッカー。
5点:よじれた正義/Twisted Justice - U
緑白相手ではトークンしか倒せずに終わりがち。対戦相手次第。
7.5点:番狼/Watchwolf - U
2マナ3/3というコスト・パフォーマンス。序盤を支えてくれる。

[編集] マルチカラー・レア

8点:ウォジェクの古参兵、アグルス・コス/Agrus Kos, Wojek Veteran - R
とりあえず、攻撃時5マナ5/5の時点でなかなか。ボロスメインなら+1点
5点:土着のワーム/Autochthon Wurm - R
一見重そうに見えるが、召集によって譜面ほどは重くない。
1点:血族の行進/Bloodbond March - R
リミテッドの場合、たいてい同じ名前のカードはないのが通例。
9点:光り輝く炎/Brightflame - R
X火力+複数破壊+α。同色で巻き添えになっても大量のライフは保障されるだろう。
8点:議事会の合唱者/Chorus of the Conclave - R
重いのが難点だが、極楽鳥/Birds of Paradiseですらフィニッシャーに変えるその能力は圧巻。ダメージに対してかなり強く、安定性が高いのも評価できる。
5点:ディミーアの脳外科医、シアクー/Circu, Dimir Lobotomist - R
同名カードは期待できない。ライブラリー破壊を狙っているなら。
6点:ディミーアの巾着切り/Dimir Cutpurse - R
まず通らない。勝てる状況でさらに勝つカード。
6点:ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger - R
発掘潰し程度にしか活躍できないことも多い。フィニッシャーをコピーできれば強いが。
9点:炎まといの天使/Firemane Angel - R
大型のフライヤーかつ、墓地にいるときのライフゲインも地味にありがたい。戻ってくる事はあまり期待しないこと。
10点:制圧の輝き/Glare of Subdual - R
タッパーは初手級。しかも全員なれるなんて!
5点:不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable - R
ライブラリーアウト専用カード。ライブラリーアウトデッキなら10点で。
9点:墓掘り甲のスカラベ/Grave-Shell Scarab - R
でかい。アドバンテージ取れる。再利用可能。
8.5点:ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch - R
緑白の中心。能動的に能力を発揮できる点もポイント。
7点:精神ヒルの塊/Mindleech Mass - R
青黒のフィニッシャー候補。
4点:草ハイドラ/Phytohydra - R
相手が黒いと案外簡単に除去されてしまう。攻撃抑止程度の力しか無い。
8点:ボロスの大天使、ラジア/Razia, Boros Archangel - R
重いのでデッキは選ぶが能力自体は非常に強力。ただし除去手段も少なくないので過信は禁物。
9点:ラジアの浄化/Razia's Purification - R
フルタップ→ラジアの浄化→パーマネント展開という流れが基本。ある意味激動/Upheavalに近い。
6点:ゴルガリの女王、サヴラ/Savra, Queen of the Golgari - R
生け贄に捧げられる状況でないと、ただの4マナ2/2だが、この環境ではそこそこ。
3点:焼尽の瞑想/Searing Meditation - R
恒久的にライフを得る手段が複数あるなら一応あり得るか。
8点:石の死の姉妹/Sisters of Stone Death - R
自己完結型フィニッシャー。強いが8マナが重い。
8点:秘密の王、ザデック/Szadek, Lord of Secrets - R
戦闘ダメージは期待しなくても2~3回殴れば勝てる。ボロスの怒りの盾/Boros Fury-Shieldには要注意。
9点:トルシミール・ウルフブラッド/Tolsimir Wolfblood - R
全体強化。ただし除去されやすいので注意。
9点:禿鷹ゾンビ/Vulturous Zombie - R
とりあえず3/3飛行の時点で合格点。能力もかみ合えば非常に強力。
8点:森の悪霊の堕落者/Woodwraith Corrupter - R
少々重いが能力は非常に強力。

[編集] 混成

[編集] 混成・コモン

5.5点:ボロスの補充兵/Boros Recruit - C
マナカーブの穴埋めに。
6点:ケンタウルスの護衛兵/Centaur Safeguard - C
結構トークンに阻まれる。ブロッカーとしての使用の方が多いか。
7点:ゴルゴンの凝視/Gaze of the Gorgon - C
除去の他、場合によっては除去対策にも。
6点:隠れ潜む密通者/Lurking Informant - C
地味に嫌な能力だが、2マナは微妙に重い。ライブラリ破壊なら+1点。

[編集] 混成・アンコモン

8点:ボロスのギルド魔道士/Boros Guildmage - U
白の能力の方がよく使う。ブロック時に特に有効。
8点:ディミーアのギルド魔道士/Dimir Guildmage - U
物凄いアドバンテージを得られる。
8点:ゴルガリのギルド魔道士/Golgari Guildmage - U
いつの間にかクリーチャーが大型に。
9点:セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage - U
いつの間にかクリーチャーが並ぶ。色が片方しか合わなくても十分強力。

[編集] 混成・レア

9点:這い集め虫/Gleancrawler - R
デカイ。アドバンテージ取れる。
9点:手練れの戦術/Master Warcraft - R
打てばたいていゲームが終わる。
8点:特権階級/Privileged Position - R
除去が打たれなくなるのはかなりの強み。大型クリーチャーを安心して並べていける。
4点:疑念の影/Shadow of Doubt - R
一応ドローはできるが、効果が威力を発揮するとは限らないのが難点。

[編集] アーティファクト

[編集] アーティファクト・コモン

7点:ボロスの印鑑/Boros Signet - C
色が片方合えば十分使える。両方とも色が合えば+0.5点。色事故を防げるカードは重要。
7点:ディミーアの印鑑/Dimir Signet - C
同上。
7点:ゴルガリの印鑑/Golgari Signet - C
同上。
7点:セレズニアの印鑑/Selesnya Signet - C
同上。
6.5点:テラリオン/Terrarion - C
多色環境なので安定性に大きくプラスになる。スロットが開かないなら、40枚を超えても入れた方が良い。

[編集] アーティファクト・アンコモン

5点:巨石の罠/Cyclopean Snare - U
5マナかかるタッパーはさすがにありえない。
6点:ガラスのゴーレム/Glass Golem - U
パワーは充分だが、タフネス2では2マナ圏ともよく相打ちする。移植持ちが取れると話が変わってくる。
7点:いかさま師の刃/Grifter's Blade - U
どんな色にも合うコンバット・トリック
6.5点:ごみ引きずり/Junktroller - U
空中から攻めるデッキで、地上の守りを任せるのにちょうど良い。
4点:紐人形/Leashling - U
コスト・パフォーマンスの悪さが問題。
6点:大隼の仮面/Peregrine Mask - U
役につけると強力。臭い草のインプ/Stinkweed Impにでも付けておこう。
7点:幽体の照明灯/Spectral Searchlight - U
3~4色目のマナを出すのに重宝。割と相手のライフも削れる(当時のルール)。
5点:航海者の杖/Voyager Staff - U
相手への牽制になるかも。

[編集] アーティファクト・レア

6点:血文字の羽ペン/Bloodletter Quill - R
色が合うなら非常に強力なドローサポート。
8点:瓶詰めの回廊/Bottled Cloister - R
どの色でも使えるドローサポート。インスタントが使いづらくなるけど気にしない。
2点:雲石の工芸品/Cloudstone Curio - R
CIP付きオーラが3枚あるなどの状況なら面白いかもしれない。
8点:収斂の冠/Crown of Convergence - R
色が合うならいつでも+1/+1の可能性も持つ。デッキ圧縮にもなる。
4点:虚無石のガーゴイル/Nullstone Gargoyle - R
重すぎる。能力も場合によってはデメリット。
4点:最下層民の盾/Pariah's Shield - R
重いが、状況によってはかなり強力な防御策。草ハイドラ/Phytohydraにつけるのがおすすめ。
9点:疫病沸かし/Plague Boiler - R
色が合うなら非常に強力なリセットボタン
9点:太陽打ちの槌/Sunforger - R
赤白でなくとも、+4/+0だけで十分強力。

[編集] 土地

[編集] 土地・コモン

7点:ボロスの駐屯地/Boros Garrison - C
片方でも色が合えば、1枚土地を得するので、入れるのも手。
7点:ディミーアの水路/Dimir Aqueduct - C
同上。
7点:ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm - C
同上。
7点:セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary - C
同上。

[編集] 土地・アンコモン

4点:影の家、ダスクマントル/Duskmantle, House of Shadow - U
無色マナしか出ないリスクが大きいため、ライブラリー破壊に特化するのでなければ基本的に不要。
8点:軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion - U
二段攻撃はリミテッドでは反則的に強い。色が合うなら積極的に投入したい。
6点:安息の無い墓、スヴォグトース/Svogthos, the Restless Tomb - U
終盤になれば巨大なサイズで相手を圧倒できる可能性も。
7点:都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Tree - U
壊れにくいトークン製造機。ただしそれを出すのが重い。

[編集] 土地・レア

6点:草むした墓/Overgrown Tomb - R
色が合うなら。
6点:聖なる鋳造所/Sacred Foundry - R
色が合うなら。
6点:寺院の庭/Temple Garden - R
色が合うなら。
6点:湿った墓/Watery Grave - R
色が合うなら。

[編集] 参考

QR Code.gif