ライブラリー破壊

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ライブラリー破壊(Milling/Decking/Library Destruction)とは、対戦相手ライブラリーカード墓地に置くことなどにより、その枚数を直接減らすこと。またはそのような効果を持つカードや、それを目的としたデッキのこと。最終的にライブラリーアウト勝利するために行われる。イメージは記憶・思考の破壊。


Millstone / 石臼 (2)
アーティファクト

(2),(T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーのカードを上から2枚、自分の墓地に置く。



Mind Sculpt / 精神刻み (1)(青)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上から7枚のカードを自分の墓地に置く。


[編集] 解説

ライブラリーを使わないデッキは存在しないし、ライブラリーアウトは対戦相手のライフ戦場の状況に関係なく勝利できる手段である。そのため対戦相手のデッキや動きに関係なく使えることが利点。

逆に言えば、ライフや戦場や手札に直接の影響がないため、普通のデッキに少し入れただけではほとんど意味がない。特定のキーカードに頼る場合を除けばライブラリーが削れることは大きなデメリットではないのでライブラリーを減らすカードを使用した分、カード・アドバンテージを失うだけということが殆どである。さらに墓地活用するデッキ相手の場合は逆効果になってしまう。最初から自分の墓地を肥やす目的でライブラリー破壊カードを投入するデッキ(ナルコブリッジドレッジ・ヴァインなど)も存在する。

ライブラリーアウトとまでは言わずとも、相手の勝利手段や致命的なカードを使用不能にすることで有利な状況をつくるという目的のライブラリー破壊もある。

また、この手のカードはゲーム開始時のライブラリーが60枚程度であることを想定しているので、ライブラリーが60枚を大きく超えるバベルなどタワーデッキとは相性が悪い。一方で、ライブラリーが少ないリミテッドでは有力な追加の勝ち手段となることもある。

これが主軸のデッキは基本的に勝つまでに時間がかかるため、何らかの防御手段が必要になることが多い。そのため、ライブラリー破壊デッキはコントロールの一種になりやすい。他方、何らかのコンボによってライブラリーの大部分もしくはすべてを一撃で削り取るデッキ(玉虫アルターキメラペインター・グラインドストーンなど)もある。無限ライブラリー破壊も参照。

[編集] 有名なライブラリー破壊カード

[編集] 参考

QR Code.gif