ディミーア家の護衛/Dimir House Guard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dimir House Guard / ディミーア家の護衛 (3)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton)

畏怖(このクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:ディミーア家の護衛を再生する。
変成(1)(黒)(黒)((1)(黒)(黒),このカードを捨てる:あなたのライブラリーから、このカードと同じ点数で見たマナ・コストを持つカード1枚を探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。変成はソーサリーとしてのみ行う。)

2/3

畏怖再生、そしてディミーアギルド特有の変成を持つ多芸なクリーチャー

構築では、誰がために鐘は鳴るなどのオルゾフコントロールで、これの変成によるシルバーバレットを主軸に据えたデッキが多く見られた。オルゾフカラーには魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal頭蓋の摘出/Cranial Extraction等、シルバーバレット戦略に適している4マナのカードが多く、そうでなくとも元々4マナ圏には神の怒り/Wrath of Godなど、強力なコントロールカードが密集しているためである。また、たまに戦場に出ては明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Starを生け贄に捧げるなど、これらのデッキとは高いシナジーを形成している。

リミテッドでは、回避能力がある上に除去耐性もそれなりにあるので十分な戦闘要員になる。また、屍術の渇き/Necromantic Thirstをサーチすれば墓地にいる自分自身を回収しやすい。エンチャント先が除去されなければ何度でも変成を利用でき、どちらもコモンなので実現可能性はそれほど低くない。

  • ディミーア家の護衛なのに、オルゾフでよく使われているというなんだか悲しいクリーチャー。
  • 骸骨のイラストであるため、例によって中国語版では別のイラストが使用されている。中国語版のイラストはこちらで見ることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif