臭い草のインプ/Stinkweed Imp

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Stinkweed Imp / 臭い草のインプ (2)(黒)
クリーチャー — インプ(Imp)

飛行
臭い草のインプがクリーチャーに戦闘ダメージを与えるたび、そのクリーチャーを破壊する。
発掘5(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど5枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)

1/2

バジリスク能力を備えた発掘付きクリーチャー。3マナ1/2飛行と戦闘力は低いが、バジリスク能力によりブロッカーとしての性能は高い。数字が大きいため使いすぎは禁物だが、発掘で再利用することもできる。

ただし、バジリスク能力の誘発条件は「戦闘ダメージ与えるたび」であるため、寄せ餌/Lure能力でブロックを強制しても破壊できるのは基本的に1体に限られる。相手側にプリベンターがいると、破壊することなく自分だけが落ちてしまうことも多い。

ラヴニカ・ブロックリミテッドコモン除去としてなかなかの性能である。しかし、同エキスパンションには先制攻撃再生付加、ブロック制限能力などもあるので、闇への追放/Dark Banishingほど信頼しているとたまに裏切られるので注意。逆に、先制攻撃や再生を付加すると頼れるブロッカーになる。

構築では、フリゴリッドなどの発掘を利用するデッキで発掘の数字の大きさを活かして使われている。ほとんど戦場に出ないクリーチャー扱いされているが、手札から墓地に送る手段がなく、かつ対戦相手がビートダウン戦略をとっている場合、戦場に出ることがある。相手からすればこれが墓地に落ちることで発掘エンジンが回りはじめるという最悪のパターンは避けたいので、状況次第では非常に厄介なブロッカーとなる。

[編集] 参考

QR Code.gif