激動/Upheaval

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Upheaval / 激動 (4)(青)(青)
ソーサリー

すべてのパーマネントを、オーナーの手札に戻す。


パーマネント手札戻す、豪快なバウンスリセット呪文ゲームぎゃざ誌でついた評価が「戻しすぎ」。

最初はそのマナ・コスト重さソーサリーであることからあまり注目されず、カスレア扱いだった。しかし、他のリセットと異なり、パーマネント破壊するのではなく手札に戻すため、マナを浮かせて唱えればそれ以前の手札の状態に関係なく自分のパーマネントをすぐに再展開することができる。

また、手札が一時的に爆発的に増えるため、手札をリソースとするゾンビの横行/Zombie Infestationサイカトグ/Psychatogとの抜群の相性の良さを示し、トップレアの一角となった(→ゾンビ激動激動サイカトグ)。スレッショルドとの相性も良い(→8Man)。

エクステンデッドでは金属細工師/Metalworkerによる大量マナをベースにティンカーなどで使用された。

再展開が容易なエンドカードであることから、統率者戦では最初から禁止カードに指定されている。2005年9月23日よりプリズマティックで、2008年3月26日より100カード・シングルトンで禁止カードに指定されたが、それぞれ2008年12月10日、2009年4月29日より禁止が解除された。

[編集] 開発秘話

このカードのイラストは、もともと恐ろしい死/Ghastly Demiseのために用意された物だった。墓地にあるカードの枚数を参照するクリーチャー除去なので「舞い上がった大地がクリーチャーを殺す」というコンセプトで描かれたのだが、できたイラストがあまりにもダイナミックだったため、より効果が派手な激動に使われることになった。(→"What If?" with Odyssey art II参照)

[編集] 主な亜種

全体バウンスカード。特記しない限りソーサリー。太字は土地をバウンスしない。クリーチャーのみをバウンスするカードは脱出/Evacuationを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif