ドラフト点数表/ディセンション

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

6点:極光の幻霊/Aurora Eidolon - C
軽減量は大きく厄介だが、コストは重い。
8点:アゾリウスの伝令/Azorius Herald - U
ライフ回復能力は素晴らしい。ブロックもされないので強化して使おう。
5.5点:標の鷹/Beacon Hawk - C
2マナの飛行なら他にもいるはず。妨害の公使/Minister of Impedimentsとのコンボが強いので狙うのもよし。
6.5点:ネフィリムの祝福/Blessing of the Nephilim - U
いつの世も+2/+2のオーラは強い。ほぼ多色限定なので生物と相談。オルゾフをやっている時に最大限生かされるカード。
6点:衝撃の支え/Brace for Impact - U
能力は素晴らしいが重過ぎるのがネック。
6点:玉突き衝突/Carom - C
刺さるときは恐ろしく刺さるコンバット・トリック。もっとも、常に効果が期待できるわけではないので過信は出来ない。最低限キャントリップになるので入れて損はないか。
8点:天界の古霊/Celestial Ancient - R
エンチャントがなければ普通のカード。あるといきなり強くなる。
8点:糾弾/Condemn - U
軽い除去は素晴らしい。ブロック・クリーチャーシステムクリーチャーが除去できないのは残念。
7点:自由風の乗馬兵/Freewind Equenaut - C
単なる3マナ2/2飛行でも合格点。能力を起動する機会は少ない。
7点:ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact - C
結構止まる、除去も効きにくいのがいい。
4.5点:ハズダーの免罪人/Haazda Exonerator - C
エンチャント破壊が取れなかったら取る。それ以外は流していい。
4点:ハズダーの盾兵/Haazda Shield Mate - R
流石にマナがかかりすぎ。
6.5点:北風乗り/Mistral Charger - U
タフネス1があまりにもネック。
7点:プラーフの聖騎士/Paladin of Prahv - U
少々サイズは小さいがライフを稼いでくれるので悪くはない。
2点:再誕の宣言/Proclamation of Rebirth - R
特に戻して嬉しいカードは見当たらず。
6点:適切な埋葬/Proper Burial - R
恐ろしいライフアドバンテージ。
6.5点:魂誓いの陪審/Soulsworn Jury - C
壁としては普通の能力。青白なら悪くないレベル。
7点:断固たる立場/Steeling Stance - C
予見時は攻撃のときにしか使えないことになるが、全体パンプアップ能力は強い。哀悼のスラル/Mourning Thrullを予見でバックアップすると何気にいやらしい。
6点:冷静な陽炎/Stoic Ephemera - U
壁。相手の飛行生物が1体除去できると考えれば。
4点:真の武勇/Valor Made Real - C
一斉アタックが怖いなら。完全無欠の魂/Souls of the Faultlessとのコンボを決めろ。
7.5点:覚醒石のガーゴイル/Wakestone Gargoyle - R
サイズは文句なしだが、マナがかかるので見た目ほどは使いやすくない。

[編集]

7.5点:宮廷の軽騎兵/Court Hussar - U
ライブラリー操作+キャントリップはまずまず。サイズはあまりでかくないが序盤で活躍。
8.5点:細胞質の操作者/Cytoplast Manipulator - R
コントロールを奪えるカードが弱いはずがない。サイズが小さく除去られやすいのが欠点。
5点:謎の幻霊/Enigma Eidolon - C
ライブラリーアウトで勝つなら入る。元サイズは小さいのでデッキを選んで使うこと。
8.5点:ギルド無き統治/Govern the Guildless - R
単体除去でしかもコントロールが奪える。少々重いが能力は絶大。
9点:ヘリウム噴射獣/Helium Squirter - C
移植デッキのキーカード、全員飛行能力はやはり強い。ぜひ1枚は取りたい。
6.5点:ノヴィジェンの賢者/Novijen Sages - R
カードを引いている暇はあまりない。
7点:眼球の輪/Ocular Halo - C
除去は怖いが、回りだせば圧倒的な場を作り出せる。シミックのぼろ布蟲/Simic Ragwormとのコンボは圧巻。白能力はあまり考えなくていい。
7.5点:粘体マンタ/Plaxmanta - U
除去を回避しつつ、クロックアップになる点で非常に優秀。2マナと軽くテンポも良い。
3点:精神の占有/Psychic Possession - R
構築向きのカードだろう。
6.5点:絹羽の斥候/Silkwing Scout - C
タフネス1の飛行生物はちょっと辛い環境になった。土地サーチ能力もイマイチ噛み合っていない。
5点:空中文字/Skyscribing - U
予見モードで使う。メイン前にマナを使うのでイマイチ噛み合っていない。
4点:呪文嵌め/Spell Snare - U
消せるカードが限定され過ぎている。
7.5点:潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant - R
能力はオーバーキル気味。となると重さが気になるカード。
6点:ヴィグの移植術師/Vigean Graftmage - U
あまりアンタップはしない。移植カウンターのために使う。
2点:映像のもつれ/Vision Skeins - C
リミテッドでは素直にアドバンテージを重視したほうがいい。 特定の爆弾カードだけが浮いているデッキならば入れるか。
5.5点:通過令状/Writ of Passage - C
マナはかかるけど、細かく殴りたいなら悪くない。必ず予見で使うこと。

[編集]

6.5点:苦悶の結合/Bond of Agony - U
トドメにどうぞ。
5点:脳の詮索/Brain Pry - U
相手の予見を落とすくらいか。
7点:墓所の勇者/Crypt Champion - U
二段攻撃は強力。移植などで強化したい。
6点:狂乱病のもつれ/Delirium Skeins - C
使用機会を選ぶ手札破壊。白赤黒など展開力の早いデッキ用。
7.5点:悪魔の道化師/Demon's Jester - C
飛行クリーチャーなのでデッキには入る。暴勇すれば結構強い。
5.5点:ドレカヴァク/Drekavac - U
リミテッドではアドバンテージを重視したほうがいい。3/3クリーチャーが多い環境なのですぐに止まる。
6点:ギルドパクトの敵/Enemy of the Guildpact - C
サイズがあるのでかなり止めにくい。
5.5点:無規律の幻霊/Entropic Eidolon - C
やはりサイズ不足。
5.5点:冥府の教示者/Infernal Tutor - R
同じカードをまとめて取るのは難しいが、最後の1枚として使う分には優秀。デッキ次第といえよう。
6.5点:死の円舞曲/Macabre Waltz - C
アドバンテージカードに見えるけど実は手札回転カード。でもクリーチャー2体が入るのは良い。
6.5点:苛立ちの呪い/Nettling Curse - C
壁をうまく使えばかなりのダメージソース。除去としても使える。
1点:夜寄せ/Nightcreep - U
なかったことに。
4点:虚無主義の喜び/Nihilistic Glee - R
暴勇状態でも効率が悪いカード。
6.5点:ぼろ娘/Ragamuffyn - U
3マナ2/2で合格点。起動コストが軽いのも評価できる。
8点:鼠狩り/Ratcatcher - R
ラヴニカ・ブロックにはネズミはほとんどいない。大きいサイズと回避能力でがんばる。
8点:破滅の印章/Seal of Doom - C
説明するまでもない破壊力。相手のオーラへの牽制としても使える。
5.5点:屠殺場の用心棒/Slaughterhouse Bouncer - C
暴勇は狙えない。重いけどとりあえず3/3。
4点:にじり寄る影/Slithering Shade - U
マナがかかりすぎる。
7点:生きざる人格崩壊者/Unliving Psychopath - R
マナがかかりすぎる。見た目ほど強くない。
4点:夕闇のグール/Vesper Ghoul - C
5色マナクリーチャーだが3マナスタート。色マナに不安があるなら。
3点:機知の終わり/Wit's End - R
後半にしか打てないのに場に影響がないカードは駄目。

[編集]

8点:大笑いの炎/Cackling Flames - C
プレイヤーにも飛ぶ使いやすい火力、しかもインスタント。
9.5点:悪魔火/Demonfire - R
X火力、出来ればプレイヤーに打とう。 タッチもしやすいシングルシンボル。
6.5点:炎の血族の戦場偵察兵/Flame-Kin War Scout - U
先置きで1:1交換が出来るカード。タイミングを見計らって置くとかなりの抑止力になる。
6.5点:燃えたぎる炎の血族/Flaring Flame-Kin - U
3マナ2/2は合格点。能力はあまり期待しない。
6点:羽虫小路の忍び寄る者/Gnat Alley Creeper - U
普通の3/1クリーチャーと見る。
5.5点:無知の喜び/Ignorant Bliss - U
暴勇が多ければ入れてもいい。キャントリップなので腐らない。
5.5点:殺人服の信者/Kill-Suit Cultist - C
クロックサイズが小さく、適当なトークンにブロックされるのでイマイチ。
8点:殺戮の焚きつけ/Kindle the Carnage - U
手札を2~3枚使うが確実なリセット。
7点:オーガの門壊し/Ogre Gatecrasher - C
赤らしくないサイズが魅力的。
6点:病的な憤激/Psychotic Fury - C
一方的に打ち勝つ先制攻撃能力とほぼ同じ。使える戦闘トリック。
8点:ラクドスの地獄ドラゴン/Rakdos Pit Dragon - R
タフネス3に注意。突撃ゼッペリド/Assault Zeppelidと相打ちなのは悲しい。
5.5点:砂嵐の幻霊/Sandstorm Eidolon - C
回すのにマナがかかりすぎるので、やはりサイズ不足が否めないシリーズ。
7.5点:炎の印章/Seal of Fire -
奇襲性はないが軽くて使いやすい。占い棒使いのシャーマン/Dowsing Shamanで回せばほぼ勝利かと。
7点:奇声の悪魔/Squealing Devil - U
畏怖付のクリーチャーと見ていい。2マナ生物として使う。
6.5点:忍び寄る復讐/Stalking Vengeance - R
能力は使いにくい。全体除去でプレイヤーに止めを刺したい。
9点:嵐鱗の反乱者/Stormscale Anarch - R
繰り返し使える火力はそれだけで戦場を制圧できる。
5点:騒乱の味/Taste for Mayhem - C
回避能力があってもあまり使いたくないオーラ。
5.5点:ウトヴァラの頭剥ぎ/Utvara Scalper - C
赤の飛行なので・・・あまり望みすぎないこと。
7点:戦争の代価/War's Toll - R
相手だけの能力でかなり鬱陶しい。中盤以降相手が攻撃しにくくなる。
5.5点:尖塔の重量/Weight of Spires - U
1マナの火力なので、1点でも入れば合格。
5点:鞭尾のモロク/Whiptail Moloch - C
サイズはあるがアドバンテージ面でもタフネス面でも不安。使うなら先制攻撃飛行を付けたい。

[編集]

7点:水辺の蜘蛛/Aquastrand Spider - C
能力よりも移植をメインに使おう。+1/+1カウンターを全部移し変えるのが理想。
8点:細胞質の根の血族/Cytoplast Root-Kin - R
普通にサイズがでかい。
7.5点:細胞卵のシャンブラー/Cytospawn Shambler - C
重くても大型トランプル持ちが弱いはずがない。カウンターはあまり動かさない。
5点:精霊の共鳴/Elemental Resonance - R
加速力はあるが、後半無駄になることも。微妙。
5点:肥沃な想像力/Fertile Imagination - U
ドラフトで見たカードを覚えておければそれなりに当たる。0という事は殆ど無い。
5.5点:瞬間群葉/Flash Foliage - U
その場凌ぎにしかならないが、アドバンテージを得られる可能性がある点が評価出来る。
7.5点:踏み吠えインドリク/Indrik Stomphowler - U
サイズが大きく印鑑やオーラなどを割れる汎用クリーチャー。
7点:土覆いのシャーマン/Loaming Shaman - R
3/2はそこそこ
7点:ネフィリムの力/Might of the Nephilim - U
マナも軽く+4/+4は計算を狂わせることが多い。
8点:翼膜のバイパー/Patagia Viper - U
クリーチャー3体分は強力。
8点:変幻の大男/Protean Hulk - R
ファッティなのに息切れしないのは強すぎる。
6.5点:シミックのバジリスク/Simic Basilisk - U
他のカウンター生物がブロックしし辛くなる。
4点:シミックの信徒/Simic Initiate - C
+1/+1のオーラと考えるとイマイチ。
7.5点:シミックのぼろ布蟲/Simic Ragworm - C
4マナ3/3のサイズがいい。能力は特定のカードと相性がいい。
7.5点:胞子背のトロール/Sporeback Troll - C
再生持ちはやはり鬱陶しい。
5.5点:芽吹く草ハイドラ/Sprouting Phytohydra - R
ダメージに対しては無敵なので使用に耐える。
4.5点:蹂躙と咆哮/Stomp and Howl - U
サイドインもありえるが、対象が取りにくい。隔離する活力/Sundering Vitaeのほうがいいだろう。
4点:通りの気転/Street Savvy - C
地上が弱いデッキでも入れたくないオーラ。
7点:生育/Thrive - C
移植以外にも使い道の広いカード。
7点:楽園の拡散/Utopia Sprawl - C
印鑑やお帰りランドの代わりになる事はプロツアーでも証明。
6点:新緑の幻霊/Verdant Eidolon - C
マナ安定カードだがあまり強くはない。

[編集] 多色

4点:霊気魔道士の接触/AEthermage's Touch - R
一時的なブロッカーにしかならなく、安定性も低いカード。
6点:ラクドスの頌歌/Anthem of Rakdos - R
エンチャントだがソーサリーのような使い方をする。フィニッシュに使おう。
8点:突撃ゼッペリド/Assault Zeppelid - C
青緑デッキのメインクリーチャー。移植などで強化できる色なのもいい。
4点:アゾリウスの霊気魔道士/Azorius AEthermage - U
コンボが狙えるなら。
7.5点:アゾリウスの一番翼/Azorius First-Wing - C
マナカーブを埋めるクリーチャー。色拘束があるのには注意。
6点:アゾリウスの策略/Azorius Ploy - U
色拘束がある分汎用性は高い。
6.5点:とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle - C
ただのキャントリップ生物。土地が出れば加速できる。
8.5点:細胞形成/Cytoshape - R
特に有効なのが移植クリーチャーとの組み合わせ。複雑なプレイングを要するが想像以上に使い道の多いカード。3マナと軽いのも良い。
8点:戦慄の金屑/Dread Slag - R
これを出したら手札を使っていこう。5/5以上はキープすること、ドロー直後の1点火力に注意。
8点:クラージ実験体/Experiment Kraj - R
青緑に効果的でサイズも十分。
6.5点:粘液絡みの鼠/Gobhobbler Rats - C
基本サイズが合格点。あまり暴勇しないが、すれば再生能力は力になる。
8点:アウグスティン四世大判事/Grand Arbiter Augustin IV - R
一方的にテンポが取れるカード。構築と違って除去される可能性が低いのも追い風。
6点:ヘルホールの鼠/Hellhole Rats - U
ブロッカーがいないときにしか出せない。サイズが小さいので頼りない。
7.5点:不可解なるイスペリア/Isperia the Inscrutable - R
やたら固いフライヤー。能力起動まで時間がかかる。
6点:鋸歯の戯れ児/Jagged Poppet - U
暴勇デッキのキーカード。場をよく確認してから出すこと。
8.5点:木の葉ドレイクの休息地/Leafdrake Roost - U
ちょっと重めだが動き出したら止まらないトークン装置。
9点:血の魔女リゾルダ/Lyzolda, the Blood Witch - R
クリーチャーを飛ばせるカード。火力アドバンテージはすさまじい。
8点:シミックの幻想家、モミール・ヴィグ/Momir Vig, Simic Visionary - R
除去られなければ次々にクリーチャーが手に入る化け物カード。
7.5点:オムニビアン/Omnibian - R
移植クリーチャーがパワーアップする。3/3というサイズもなかなか。
6.5点:棄却/Overrule - C
貴重な回復。後半は大きなライフアドバンテージを得られる。
3点:苦痛の拡大/Pain Magnification - U
構築向きのカードだろう。
5.5点:一時しのぎの協定/Palliation Accord - U
重い分軽減量は大きい。タッパーと組み合わせて使おう。
8点:粘体投げの小蛙/Plaxcaster Frogling - U
基本サイズが大きく、対象にならない能力は相手にとって脅威。
8点:平和の羽毛/Plumes of Peace - C
基本除去。5マナで使うことが多いが、毎ターン予見モードで使用することも。
7点:雲の群れ/Pride of the Clouds - R
トークン発生の方で使う。やや重い。
4点:血糊の雨/Rain of Gore - R
オルゾフ相手のサイドボード。
8点:ラクドスの穴開け魔道士/Rakdos Augermage - R
先制攻撃は重要。中盤以降は暴勇を組み合わせていこう。
7.5点:ラクドスの痰吐き/Rakdos Ickspitter - C
プレイヤーにもダメージが入るのは素晴らしい。適当なクリーチャーに毎ターン打とう。
8.5点:穢すものラクドス/Rakdos the Defiler - R
デメリットは大きいが一度通ればゲームセット。ギャンブル感覚で。
9.5点:シミックの空呑み/Simic Sky Swallower - R
サイズは圧巻。確実にこれを除去できるカードはレアに数枚のみ、場に出せればほぼ無敵。
8.5点:空の軽騎兵/Sky Hussar - U
キャントリップ付の飛行生物。
4点:素早い静寂/Swift Silence - R
どうしても打ち消したいなら。マナ拘束もあり重すぎる。
8.5点:三角エイの捕食者/Trygon Predator - U
相手のオーラや印鑑を割り放題。2/2飛行に勝てるサイズも魅力。
8点:双撃/Twinstrike - U
ちょっと重いが1:2交換。
6.5点:ヴィグの水植物/Vigean Hydropon - C
この後に出たクリーチャーが全部強化できるのは悪くない。召集のエサとしても使う。
5.5点:ヴィグの直観/Vigean Intuition - U
生物サーチ。発掘能力と組み合わせるのもよし。
6点:虚空粘/Voidslime - R
万能打ち消し呪文。色拘束がきついのでその点には注意。後半のファッティに狙いを定めて使いたい。
8点:風を裂くもの/Windreaver - R
万能なクリーチャーだがマナ食い虫。
8点:破壊の宴/Wrecking Ball - C
万能クリーチャー除去。危険な本拠地ランドが出ても壊せる可能性があるのは嬉しい。

[編集] 混成

7点:不和の化身/Avatar of Discord - R
3ターン目に出せば強い。デメリットも大きくタフネスも少ないので中盤以降は慎重に。
8.5点:アゾリウスのギルド魔道士/Azorius Guildmage - U
長引けば長引くほど強い。制圧力は異常。
7点:生術の熟達/Biomantic Mastery - R
重いけど大量ドローは悪くない。
5点:鳩散らし/Dovescape - R
リミテッドでは使い道に困るスペル。
8点:妨害の公使/Minister of Impediments - C
タッパー
9点:ラクドスのギルド魔道士/Rakdos Guildmage - U
除去持ち生物が弱いわけはない。
6点:暴動のとげ/Riot Spikes - C
除去。パワー強化はたまに使えることも。
5点:遮蔽する粘体/Shielding Plax - C
ただのキャントリップ。
8点:シミックのギルド魔道士/Simic Guildmage - U
どちらの能力もこの環境では重要。起動コストも軽い。

[編集] 分割

5.5点:拘束+決心/Bound+Determined - R
拘束 除去やバウンスを使いまわす。ちょっと使いにくいか。決心 ただのキャントリップ。まず使わない。
8.5点:罪+罰/Crime+Punishment - R
罪 相手の墓地を見ながら使おう。あまり使わないがたまに使う。罰 全体除去。コントロールしやすく使いやすい。
6点:隠匿+探求/Hide+Seek - R
対象がなければライフに回していい。
8点:打撃+爆走/Hit+Run - U
序盤の打撃は強力。トークン一斉攻撃にも使える。
8点:確率+結末/Odds+Ends - R
もちろん除去のほうで。タイミングが限定されるものの破壊力は異常。
8点:純粋+単純/Pure+Simple - U
汎用性の高い除去。ほとんどの嫌なカードが割れる。
6.5点:研究+開発/Research+Development - R
研究 ディミーア相手の終盤戦に。開発 なかなかのアドバンテージ。
7.5点:隆盛+下落/Rise+Fall - U
序盤は使えないが、アドバンテージ量は凶悪。ただしソーサリーなので注意。
7.5点:供給+需要/Supply+Demand - U
トークンを3~4体出せれば元は取れるはず。
7.5点:試行+錯誤/Trial+Error - U
劇的な効果はないが、どちらも軽く使いやすい。

[編集] アーティファクト

6.5点:アゾリウスの印鑑/Azorius Signet - C
片方の色が合えば。両方とも色が合えば+0.5点。色事故を防げるカードは重要。
6点:青銅の爆弾人形/Bronze Bombshell - R
パワー4なので地上が不安なら入れる。
8.5点:進化の大桶/Evolution Vat - R
強化速度は異常、3マナ+1/+1でも十分。トランプルや飛行など回避と組み合わせよう。
6.5点:教術師の石/Magewright's Stone - U
タッパーやティムをたくさん取っておこう。
6.5点:詩神の器/Muse Vessel - R
アドバンテージが取れる手札破壊だが、起動コストの重さが気になる。
5点:ラクドスの儀式刀/Rakdos Riteknife - R
土地が割れるだけなのでテンポの悪いカード。
6.5点:ラクドスの印鑑/Rakdos Signet - C
片方の色が合えば。両方とも色が合えば+0.5点。色事故を防げるカードは重要。
6.5点:シミックの印鑑/Simic Signet - C
片方の色が合えば。両方とも色が合えば+0.5点。色事故を防げるカードは重要。
5点:頭蓋骨酒の大鍋/Skullmead Cauldron - U
細かいライフ獲得はウザイ。
7点:ギルド渡りの急使/Transguild Courier - U
基本サイズがあるのでどの色でも使いやすい。コンボも狙える。
4点:歩く書物/Walking Archive - R
相手から先に引くので活躍できない。

[編集] 土地

6.5点:アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery - C
片方でも色が合えば。
5.5点:血の墓所/Blood Crypt - R
色が合えば。
5.5点:繁殖池/Breeding Pool - R
色が合えば。
4点:幽霊街/Ghost Quarter - U
割る余裕はないと思われる。
5.5点:神聖なる泉/Hallowed Fountain - R
色が合えば。
6点:進化の中心、ノヴィジェン/Novijen, Heart of Progress - U
勝負が長引いた時にはかなり有効。
3点:パルンズの柱/Pillar of the Paruns - R
安定した土地のほうがいいだろう。
5点:秩序の尖塔、プラーフ/Prahv, Spires of Order - U
流石に起動コストが重すぎる。
6.5点:ラクドスの肉儀場/Rakdos Carnarium - C
片方でも色が合えば。
7点:迷宮の宮殿、リックス・マーディ/Rix Maadi, Dungeon Palace - U
暴勇と相性がいい。
6.5点:シミックの成長室/Simic Growth Chamber - C
片方でも色が合えば。

[編集] 参考

QR Code.gif