無色マナ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無色マナ/Colorless Manaとは、のついていないマナのこと。


Hedron Crawler / 面晶体の這行器 (2)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。((◇)は無色マナを表す。)

0/1


Spatial Contortion / 次元の歪曲 (1)(◇)
インスタント

((◇)は無色マナを表す。)
クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+3/-3の修整を受ける。


[編集] 概要

マナ・シンボルは、図形は灰色の丸の中に菱型の記号「(◇)」で表し、略号は(C)で表される。

コストに無色マナ・シンボルが含まれる場合、それは無色マナでのみ支払うことができる。例えば(1)(◇)のマナ・コストを持つ次元の歪曲/Spatial Contortionは、不特定マナ1点(色マナでも無色マナでも支払える)と無色マナ1点(色マナでは支払えず、無色マナのみで支払える)がなければ唱えられない。

無色マナはマナのタイプの1つであるが、マナの色の1つではない。例えば極楽鳥/Birds of Paradiseなどの能力で「好きな色のマナ」を選ぶ場合、無色マナを選ぶことはできない。

  • 表記が簡単なこと(および後述する旧表記では同じシンボルが用いられていたこと)から、俗に不特定マナのことを「無色マナ」と表現することもあるが、これは正確な表現ではないので注意。

[編集] 旧表記

戦乱のゼンディカー以前は、無色マナを生み出す効果において無色マナを表現する際、(1)や(2)など不特定マナと同じシンボルを使って表現されていた(時代によっては「無色マナ1点」のように文章で直接記された)が、ゲートウォッチの誓い発売に伴い現在のマナ・シンボルが用いられる事になった。

マナを生み出す効果マナ能力と同義ではないことに注意)で、生み出すマナが灰色の丸の中に数字や変数が書かれた形で表されている場合、生み出されたマナは無色マナである。

同様に、灰色の丸を使った表現がコストの中で使われている場合、それは不特定マナ・コストを表している。これは現在のルールや表記と同一で、「無色マナでしか支払えない」のではなく「どんな色のマナでも無色マナでも支払える」ことを表している。

  • 無色マナでしか支払えないコストを持ったカードはゲートウォッチの誓いで初めて登場した。

[編集] 参考

QR Code.gif