ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Golgari Grave-Troll / ゴルガリの墓トロール (4)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll) スケルトン(Skeleton)

ゴルガリの墓トロールは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、その上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(1),ゴルガリの墓トロールから+1/+1カウンターを1個取り除く:ゴルガリの墓トロールを再生する。
発掘6(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど6枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)

0/0

戦場に出る際に、墓地クリーチャーカードの数だけ+1/+1カウンターが置かれる発掘持ちのクリーチャー。

発掘と再生を持つので除去カウンターに強く、終盤になるほどサイズが大きくなるので、フィニッシャーとしての性能は十分。また、発掘の値が全カード中最も大きいため、墓地を一気に肥やすのにも適している。

壌土からの生命/Life from the Loamとともに、ナルコブリッジゴルガリマッドネスフリゴリッドなどの発掘デッキと呼ばれる様々なデッキを生み出すのに貢献した。スタンダードからエターナルに到るまで活躍の場は多い。モダンで使用可能だった間はドレッジデッキの発掘源としてだけではなく、墓掘りの檻/Grafdigger's Cageなどを出されて長期戦となった時の終盤に手札から普通に唱えられて巨大クリーチャーとして勝負を決めるなど息切れ防止にもなっていた。

発掘デッキ抑止のためにモダンでは開始当初より禁止カードに指定されていたが、2015年1月23日より禁止が解除された(参考/翻訳)。しかし、サイドボード戦を推し進めすぎる点に加え、新たに登場した秘蔵の縫合体/Prized Amalgam安堵の再会/Cathartic Reunionとの相性も問題となり、2017年1月20日に再び禁止カードに指定される。(参考/翻訳

[編集] 参考

QR Code.gif