感電の弧炎/Galvanic Arc

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Galvanic Arc / 感電の弧炎 (2)(赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
感電の弧炎が戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。感電の弧炎はそれに3点のダメージを与える。
エンチャントされているクリーチャーは先制攻撃を持つ。


速やかな反応/Reflexes火山の鎚/Volcanic Hammerが1つになったカード

先制攻撃クリーチャーのサイズが相手と拮抗しているような状況でしか効果が薄く、それを持たせるだけのオーラリミテッドでさえ使いづらい。しかし、(カードデザイン上は)おまけである3点火力がとても強力。

リミテッドではクリーチャーもプレイヤー対象にできる3点火力というだけで価値があり、ラヴニカ:ギルドの都におけるのトップコモンであることはほぼ間違いない。色拘束が薄いため、タッチで使える点もよい。

ただ構築では、3マナの3点火力は他にも選択肢があるため、それらを差し置いてこれを使うかは微妙。火力としての役割を終えた後も強化として戦場に残るので、それをうまく利用できるなら使われる可能性がある。エンチャントレスドレイクの使い魔/Drake Familiarなど、エンチャントであることを利用できるならそれもよい。初期型ワープワールドでは、パーマネントであることを利用して数稼ぎとフィニッシャーを兼ねている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ:ギルドの都の、ETB能力を持つオーラサイクルRichard Garfieldによるアイデアから作られた。

[編集] 参考

QR Code.gif