過去の罪/Sins of the Past

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sins of the Past / 過去の罪 (4)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。ターン終了時まで、あなたはその呪文をそのマナ・コストを支払うことなく唱えてよい。このターン、そのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。過去の罪を追放する。


自分墓地にあるインスタントソーサリー1枚をマナ・コストを支払うことなく唱える呪文。インスタント・ソーサリー版リアニメイトといった感じ。

自身が重い上ソーサリーなので、使ったカードを再利用するよりはマナ・コストが大きい呪文を釣りたい。なお、効果の最後に自分自身を追放するので使い回すのは難しい。

苦痛の命令/Decree of Painなどを使う黒コントロールに差しておくだけでも十分実戦レベルか。これ専用のデッキを組むなら嵐の獣群/Storm Herdワームの突進/Crush of Wurmsあたりがお勧め。

  • 嵐の目/Eye of the Stormと強力な相互作用をもつ。
    1. 戦場に嵐の目、墓地にいくつかのインスタント/ソーサリーカードがある状態で過去の罪を唱える。
    2. 嵐の目により過去の罪が追放され、過去の罪のコピーが唱えられるようになる。
    3. 過去の罪のコピーを唱え、墓地のカードAを唱えられるようにする。
    4. 墓地のカードAを唱える。
    5. 嵐の目によりカードAが追放され、カードAのコピーと過去の罪のコピーが唱えられるようになる。
    6. 過去の罪のコピーを唱え、墓地のカードBを唱えられるようにする。
      • 嵐の目は「カード唱える」ことに対して誘発するが、嵐の目自身は「コピーを唱えさせる」だけなので、自分で自分の能力を誘発することは無い。だが、過去の罪を絡ませると、「コピーを唱える」ことが自動的に「(墓地の)カードを唱える」ことに繋がるため、あたかも自分で自分の能力を誘発し、ループを起こしているかのような状況に陥る。これは墓地のインスタントとソーサリーがなくなるまで続くので、結果的に墓地のインスタントとソーサリーを全て嵐の目に「登録」した上で大量のコピーを唱えられるようになる。この工程にトレイリアの風/Tolarian Windsが加われば、やる気デストラクションコースである。
      • これに永遠からの引き抜き/Pull from Eternityも加わると、追放されたカードも再び唱えられるようになり、さらに混沌となる。

[編集] ルール

  • これにより唱えられるようになったカードは追放されたりするわけではない。あくまで墓地にあるまま唱えることが可能になる。唱えられるようになってから唱えるまでの間に手札ライブラリーに移動した場合、そのターンの間に墓地にいっても追放されることはない(CR:400.7)。
  • この効果は墓地のカードを唱えられるようにするだけであって、実際にそのカードを唱えさせるわけではない。
  • 唱える際にキッカー双呪などの追加コスト支払うことができる。バイバックによって唱えた呪文を手札に戻すことも可能である(置換効果のルールより)。

[編集] 参考

QR Code.gif