ボロスのギルド魔道士/Boros Guildmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Boros Guildmage / ボロスのギルド魔道士 (赤/白)(赤/白)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

((赤/白)は(赤)でも(白)でも支払うことができる。)
(1)(赤):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで速攻を得る。
(1)(白):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで先制攻撃を得る。

2/2

混成カードの顔とも言えるギルド魔道士サイクルラヴニカ:ギルドの都版。白マナでも赤マナでもマナ・コスト支払える利点に加え、サイズも2マナ2/2と優秀。

起動型能力は地味な分、サイクルの他のカードと比べて低コストで使い易い。特に先制攻撃の付与はクリーチャー同士の戦闘を有利に運んでくれるため、ウィニーミラーマッチ等でかなりの影響力を持つだろう。

ただし、どちらの能力もウィニーが優秀な赤白にとってはやや蛇足、あるいは得られる効果に対して起動コスト重い印象を受けるのも事実。これでわざわざ能力を付与せずとも、最初からそれらの能力を持っているクリーチャーを採用する方が効率がいいことが多い。カードプールが狭いリミテッドでは強力だが、構築においてはボロスウィニーが洗練されて行くにつれ採用の数も減っていった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロックギルド魔道士サイクル。サイクル共通の解説はギルド魔道士の項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif