暗黒破/Darkblast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Darkblast / 暗黒破 (黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-1/-1の修整を受ける。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)


占術の代わりに発掘を持った希望の喪失/Lose Hope

再利用可能な軽いクリーチャー除去ということで注目を浴び、登場後すぐにスタンダード以外の環境でも使用された。

2007年のエターナルではウィニーが流行、その分このカードも多く使われていた。特にヴィンテージではゴブリンの溶接工/Goblin Welder闇の腹心/Dark Confidantなどタフネス1の危険生物が横行しているため、1枚引けば何体でも除去出来るこれは重宝されている。また、戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage1枚で戦場が壊滅しかねない親和が対策としてサイドボードに投入する例も見られる。

[編集] 参考

QR Code.gif