死後剛直/Vigor Mortis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vigor Mortis / 死後剛直 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に出す。死後剛直を唱えるために(緑)が使われた場合、そのクリーチャーはその上に追加の+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。


色拘束が強くなったゾンビ化/Zombify。その分、緑マナコストの一部として支払うことで、出てくるクリーチャーを強化できる向上呪文になった。

点数で見たマナ・コストが変わっていないので、リアニメイトデッキで使う場合、単純にゾンビ化とそのまま入れ替えて使える。黒マナ緑マナが多く必要になる点はネックだが、リアニメイトデッキは基本的にが濃いデッキになるし、ラヴニカ・ブロック多色推奨環境なので問題にはなりにくいだろう。リミテッドでは黒緑は当然のこと、が入っていなくても十分使える優良呪文。

しかし悪く言えば「色拘束が非常に強くなった割に、得られるボーナスは+1/+1カウンターに過ぎない」とも取れる。構築ではリアニメイトの対象になるクリーチャーは、既に十分強力なフィニッシャーだったり派手な能力のほうが目当てだったりするので、カウンターを得ても大した意味がないケースも多い。

実際、前後のスタンダードでは誰がために鐘は鳴る太陽拳などのリアニメイト入りデッキが流行したものの、ほとんどが不幸にもに絡まない多色デッキであったので、マナ基盤の問題からゾンビ化を優先するケースがほとんどであった。ゾンビ化が第10版再録されずスタンダード落ちした後は、その後釜として採用される機会が増えた。

  • "Vigor Mortis"は"Rigor Mortis"(死後硬直)の洒落。日本語訳もそれに沿っている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ:ギルドの都向上呪文サイクル。対応するマナを支払っていると効果が追加される。ゴルガリのみアンコモン2枚、他はコモン・アンコモン1枚ずつ。

[編集] 参考

QR Code.gif