不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Golos, Tireless Pilgrim / 不屈の巡礼者、ゴロス (5)
伝説のアーティファクト クリーチャー — スカウト(Scout)

不屈の巡礼者、ゴロスが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから土地カード1枚を探し、そのカードをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。
(2)(白)(青)(黒)(赤)(緑):あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚追放する。このターン、あなたはそれらをそれらのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。

3/5

ETB能力土地サーチし、5色起動コストライブラリーの一番上から3枚をマナ・コストを支払うことなくプレイ可能にできる伝説のアーティファクト・クリーチャー

ETB能力は汎用性こそあるが、ただ土地を増やす目的に使うにはマナ・コストに見合ったものとは言えない。ライブラリーからあらゆる土地をサーチすることができるため、デッキキーカードとなりうる基本でない土地をサーチするといった目的を持って初めて価値のある能力と言えるだろう。

起動型能力は、マナ・コストがタダになる衝動的ドロー3枚という派手なもの。衝動的ドローゆえに確実性には欠け、57マナが必要だが、ETB能力で数だけでなく色も適宜サポートできるため順調に行けば次のターンには起動できる。ゴロス自身が多色ランプ戦略を推奨しているため、デッキに重いカードを自然に採用できるので、「当たった」場合のアドバンテージは非常に大きなものが期待できる。ただしランプのお供と言えるX呪文とは噛み合わず、スタンダードでもずば抜けた汎用性を持つハイドロイド混成体/Hydroid Krasisと同居しているので歯がゆい思いをする場面もあるだろう。

大振りな能力からスタンダードよりカジュアルな統率者ブロール向けの伝説のクリーチャーかと思われたが、同基本セット2020収録の強力な土地カード、死者の原野/Field of the Deadとの相性の良さが注目された。死者の原野の貴重なサーチ手段でありいつ出しても有効、土地のカード名を散らす必要があるため5色化しやすく自然に起動コストを支払えるデッキが組める、しかも本人は無色なので色事故リスクもないと相方として非常に優れた存在となっている。

登場時のスタンダードでは死者の原野と組んでスケープシフトターボゲートなどにたびたび採用された。ローテーション後はこれらの流れを汲んだゴロス・ランプとして、トップメタデッキの看板にまで昇り詰めたが、死者の原野の禁止指定によりその栄光はわずかな期間のものとなった。その後、夏の帳/Veil of Summer等が禁止指定された後の環境5色ファイアーズに採用されるようになる。起動型能力は創案の火/Fires of Inventionの干渉を受けるものの、戦争の犠牲/Casualties of Warを唱えられる6マナ域へと到達できる点が強み。

リミテッドではほぼETB能力目当てと思いがちだが、先述の通り自力で任意の土地を持ってこれるため、他のマナサポートと合わせると案外5色揃ってしまうことも。基本セット2020環境では、マナ加速しつつ好きな色のマナが出せる楽園の贈り物/Gift of Paradiseがベストパートナー。仮に色が揃わなかったとしても、そのままランプデッキとして動けるため、リスクも大きくない。なお、起動コストが7マナと重いため、プリズマイト/Prismiteによるマナフィルターにはあまり期待しないほうがよい。

ヴィンテージワークショップでも活躍している。Mishra's Workshopにより早いターンに唱えらえ、カラカス/Karakasをサーチしてくることで毎ターン唱え直すことができる他、状況に応じてThe Tabernacle at Pendrell Vale露天鉱床/Strip Mineトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyなどをサーチしてこられる。

[編集] ルール

[編集] 禁止指定

2020年3月10日(Magic: The Gathering Arenaでは3月12日)より、ブロール禁止カードに指定される[1]。使用率の高さに加え、固有色白青黒赤緑であるためデッキ構築上の制限がないこと、土地のサーチがゲームプレイの多様性を損ね、ハイランダーの精神に反していることが問題視された。

[編集] 脚注

  1. March 9, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年3月9日 禁止制限告知

[編集] 参考

QR Code.gif