R&D

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

R&D(アール・アンド・ディ)は、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の事業部の1つ。Research and Design(研究デザイン部)の略称である。マジック関連の文献においては、もっぱらマジックのR&Dのことを指す。本頁でもマジックのR&Dについて解説する。公式サイトでは開発部とも訳される。

R&Dはカードセットやゲームシステム、世界観など、マジックの中核となる部分の制作を行っている。

  • R&Dという名称は、Research and Development(研究開発部)の略称として一般的に用いられる用語である。マジックのR&Dも元々はResearch and Developmentを意味していたが、デベロップ・チームもデザインに深く関わるようになったことに伴い、DはDevelopment(デベロップ)からDesign(デザイン)に改められることになった。
    • IT業界ではものづくり全般を「デベロップ(開発)」と呼ぶが、ここでの「デベロップ」は「既存のものを伸ばす(発展)」といった意味合いが大きい。

[編集] 部門

たびたび部内で新しい部署が作られたり、部門名が変更されたりする。

デザイン・チーム (初期コンセプト&ゲーム・デザイン)
カードセットのテーマ付けや初期のカード・デザインといった原案を担当する。Mark Rosewaterがヘッド・デザイナーを務める。
デベロップ・チーム (最終ゲーム・デザイン&デベロップ)
カードセットの原案を基に、更なるデザインの改良を担当する。
プレイ・デザイン・チーム
セットのデザイン過程においてプレイ環境(主にスタンダード、ドラフト、シールドデッキ)に集中し、全ての工程でトーナメントを意識して判断できるようにするためのチーム。2017年4月より発足された。
クリエイティブ・チーム
背景世界をはじめとするフレイバーの制作を担当する。カード名フレイバー・テキストの多くはクリエイティブ・チームにより手掛けられる。Brady Dommermuthがディレクターを務める。
編集チーム
文章欄の校訂を担当する。
マジック・デジタル・チーム
Magic Online』や『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』といったコンピューターゲームなどのデジタルコンテンツに関するデザインを担当する。Magic Onlineの開発チームとは別である。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif