森の代言者/Sylvan Advocate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sylvan Advocate / 森の代言者 (1)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid) 同盟者(Ally)

警戒
あなたが6つ以上の土地をコントロールしているかぎり、森の代言者とあなたがコントロールする土地クリーチャーは+2/+2の修整を受ける。

2/3

警戒に加え、条件を満たすと自身および土地クリーチャー強化される能力を持ったクリーチャー。

序盤には2マナ2/3警戒としてウィニーを抑え込み、中盤以降は4/5警戒のより強力な戦力となるため、常に一定の影響力を期待できる安定性の高いクリーチャー。土地・クリーチャーのロード的能力も修整値が+2/+2と大きいため強力で、戦乱のゼンディカー・ブロックに収録されている各種ミシュラランドと併用することで手軽にフィニッシャー級戦力を確保できる。エルフドルイド同盟者クリーチャー・タイプも充実しており、部族シナジーにも期待できる。

構築でもアグロミッドレンジ戦略において有用。スタンダードでの登場直後はアブザンアグロなどに採用された。イニストラードを覆う影ブロック期でもバント・カンパニーの主要クリーチャーとして使われ、アグロデッキの停滞の一因となった。カラデシュ・ブロック期では密輸人の回転翼機/Smuggler's Copterの登場により環境が高速化、模範的な造り手/Toolcraft Exemplar屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scroungerなどこれを乗り越えてゆけるクリーチャーも増えたため、ゲームの支配率は弱まった。黒緑昂揚黒緑巻きつき蛇で採用される場合がある。

リミテッドにおいても優秀。単体性能はもちろん、警戒を持っているため攻撃に参加しながら盟友コスト支払える点が便利。

[編集] 参考

QR Code.gif