歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Xenagos, the Reveler / 歓楽者ゼナゴス (2)(赤)(緑)
プレインズウォーカー — ゼナゴス(Xenagos)

[+1]:あなたのマナ・プールに、(赤)および(緑)の好きな組み合わせのマナX点を加える。Xは、あなたがコントロールするクリーチャーの総数である。
[0]:速攻を持つ赤であり緑である2/2のサテュロス(Satyr)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-6]:あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを追放する。あなたはそれらのカードの中から望む枚数のクリーチャー・カードおよび土地カードを戦場に出してもよい。

3

テーロスで登場した赤緑プレインズウォーカー忠誠度能力は、マナ生成、トークン生成、クリーチャー土地展開

+1能力
自軍クリーチャーの数に依存するマナ加速ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle戦いの賛歌/Battle Hymnの流れを汲む。
マナ・クリーチャー炎樹族の使者/Burning-Tree Emissaryなどによって大量に展開した後に起動すれば、フィニッシャーのマナ域まで一気にジャンプアップすることができる。また最初のターンに使用してこのカード唱えたことによるテンポロスを埋め合わせることができるため、マナカーブの頂点が4~5マナのデッキでも有用な能力。コスト重いものが多い授与怪物化との相性もよい。
±0能力
速攻を持つクリーチャー・トークンの生成。
ゼナゴスを守るブロッカーになるだけでなく、速攻持ちなので即座にアタッカーとすることもできる。+1能力の強化としても役立つ。
速攻を持つためパンチ力が高く、出したターンから2→4→6→8点で20点と、連打して殴ることができれば非常に強力なクロックである。
-6能力
ライブラリーの上から7枚に含まれるクリーチャー・カードと土地カードを好きなだけ戦場に出す
効果に不確実さを含むが、7枚も公開すればボード・アドバンテージを得られる可能性はかなり高いだろう。クリーチャーを多用するビートダウンデッキならば7枚すべて戦場に出せる可能性も低くない。

+1能力と-6能力がクリーチャーを参照する能力であり、±0能力もアタッカーを増やせる能力であることから、基本的にはビートダウン向けの性能のカードと言える。同色のプレインズウォーカーであるドムリ・ラーデ/Domri Radeとは能力に共通点は少ないが、多数のクリーチャーを含むデッキ構成を求められる点では共通している。カード・アドバンテージを得られる能力や全体強化を持つドムリが軽量クリーチャーを詰め込む構成を得意とするのに対し、マナ加速とコスト踏み倒しのできるゼナゴスはより重量級の構成に向いているだろう。

グルールミッドレンジでは、大量マナから大型クリーチャー怪物化につなげるために採用されている。 また基本セット2015参入後はジャンドプレインズウォーカーズでも中核になるカードとして採用されている。

[編集] ルール

+1能力
-6能力
  • 授与は唱える時のみ使用できる能力である。授与を持つカードを追放した場合、それをクリーチャーとして戦場に出すことはできるが、オーラとして戦場に出すことはできない。
  • テーロス・ブロックサイクルのカードは、戦場以外の領域では常にクリーチャーのカード・タイプを持つ。指定されたへの信心が定められた値未満の場合でも、それを戦場に出すことができる。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はゼナゴス/Xenagosを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif