輝く根本原理/Brilliant Ultimatum

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Brilliant Ultimatum / 輝く根本原理 (白)(白)(青)(青)(青)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを追放する。いずれかの対戦相手は、それらのカードを2つの束に分ける。あなたはそれらの束のうち一方から、カードを望む枚数だけ、それらのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。


断片に存在する根本原理サイクルの1枚。エスパーの根本原理は嘘か真か/Fact or Fictionのような山分けカードライブラリーの一番上から5枚を対戦相手に分けさせて自分が選ぶ点は嘘か真かに似ているが、選んだ手札に加えるのではなく、全てタダでプレイできてしまう。

通常5枚全てプレイできるということはないだろうが、最終的な選択権が自分にあるため5枚の中で一番強いカードを選ぶことができる。問題は何がプレイできるかわからないという点で、重く色拘束も強いこのカードを使ってまでプレイしたいカードがめくれるかは運次第。可能ならばライブラリー操作などでできる限りこのカードの重さに見合うカードを積んでおきたい。

その重さと効果の不確実さからトーナメントではあまり使われなかったが、ライブラリーの一番上をある程度操作できる精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptorや、「プレイする」(唱える)ことで大きな効果をもたらす伝説のエルドラージ(とコジレックの職工/Artisan of Kozilek)が登場したことにより、これをエンドカードに据えたデッキが登場した。

[編集] ルール

  • カードのプレイは解決時に行う。呪文はプレイされた順番にスタックに積まれ、その逆順で解決される。
  • 選んだ側の束にあっても、そのすべてをプレイする必要はない。例えば同じ伝説のカードが2枚あるならば、その片方だけをプレイすることを選択してよい。
  • プレイするカードのプレイ制限は適用される。「○○でしかプレイできない」というカードならば条件を満たしていなければプレイできない。
  • 通常土地は1ターンに1枚しかプレイできない。そのターンに既に土地をプレイしている場合はプレイできないし、選んだ束に2枚以上の土地があった場合片方はプレイできない。
  • 選ばれなかったカードやプレイしなかった(できなかった)カードは追放されたままとなる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アラーラの断片根本原理サイクル。各断片のメインカラー3マナと、その友好色2マナのマナ・コストを持つソーサリー

根本原理の項も参照。

[編集] 参考

QR Code.gif