集合妖術/Collected Conjuring

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Collected Conjuring / 集合妖術 (2)(青)(赤)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚追放する。あなたはその中から、点数で見たマナ・コストが3以下のソーサリー呪文最大2つを、それらのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。これにより追放されて唱えられなかったカードをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


集合した中隊/Collected Companyソーサリー対応版と言える青赤のソーサリー。

4マナの投資で最大6マナ分の呪文になるコスト・パフォーマンスのよさは集合した中隊の前例通り。ただし、クリーチャーとソーサリーでは性質や事情が違ってくるため、使い勝手は大きく異なる。クリーチャーの場合、あまり状況に合っていないカードがめくれたとしてもとりあえず戦場に出すことはできるし、またコンボパーツであるカードが一部だけしか出てこなくても残りを素出しで揃えることでコンボを完成させることができるが、ソーサリーの場合は、適切な対象がないものを使用するというわけにはいかないし、コンボパーツが一部しかめくれなかったので揃うまで保留というわけにもいかない。そのため、見た目の条件はほぼ同じでも、実質的には当たり外れの振れ幅が大きくなっているようなものである。

よって、集合した中隊が「適当に利益を出すアドバンテージカード」「コンボパーツを揃えるサーチカード」の2種類の使い方ができたのに対して、こちらは前者の使い方が主となるだろう。基本的に空振りの危険がなくいつでも使えるような、本体火力ドロー呪文、トークン生成呪文などが相方候補になるだろう。

  • 集合した中隊と大雑把な挙動は同じだが、細かい部分がいろいろ違うので注意。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾンレアの2カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif