余波

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
余波/Aftermath
種別 常在型能力
登場セット アモンケット・ブロック
CR CR:702.126

余波(よは)/Aftermathは、アモンケットで登場したキーワード能力分割カードが持つ常在型能力である。


Destined / 天導 (1)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+0の修整を受けるとともに破壊不能を得る。

Lead / 先導 (3)(緑)
ソーサリー

余波(この呪文はあなたの墓地からのみ唱えられる。その後、これを追放する。)
クリーチャー1体を対象とする。このターン、それをブロックできるクリーチャーはすべて、それをブロックする。


[編集] 定義

余波/Aftermathは以下の3つの能力からなる。

  • あなたはあなたの墓地からこの分割カードのこの半分を唱えてもよい。
  • 墓地以外の領域からこの分割カードのこの半分を唱えることはできない。
  • この呪文が墓地から唱えられていたなら、それがスタックを離れるならいつでも、それを他の領域に置く代わりにそれを追放する。

[編集] 解説

上半分は手札から、下半分は墓地から唱えることができる分割カードとフラッシュバックを組み合わせたようなメカニズム。

余波を持つ分割カードは、上半分は通常のカードと同じように短辺を上としたレイアウト、下半分は他の分割カードと同じように長辺を上としたレイアウトの組み合わせとなっている(カード画像)。つまり、手札にあるときに唱えられる方は手札で普通に読める方向になっており、墓地にあるときに唱えられる方は墓地で横倒しにして横に飛び出させたときに普通に読める方向となっている。

それぞれ別々のターンに唱えても問題ないが、同じターンに続けて唱えることで相乗効果があるデザインが基本となっている。

[編集] ルール

  • 余波を持つ半分は、墓地から唱えることはできるがそれ以外の領域から唱えることはできない。
    • 奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk尖塔の大長/Chancellor of the Spiresなどの、墓地にあるカードを唱えることを許可する効果が余波を持つ分割カードに適用された場合、余波を持つ半分を唱えることもできる。
      • 余波を持つ半分を余波そのものの効果以外により墓地から唱えても、そのカードがスタックから離れる場合は追放される。(注釈文からは分かりにくいが、上記「定義」にある通り、「墓地から唱えられたら追放される」のは「墓地から唱えてもよい」こととは独立した能力である。)
    • 神託者の大聖堂/Oracle's Vaultなどの効果により、あなたが余波を持つ分割カードを墓地以外の領域から唱えることができるとしても、余波を持つ側を唱えることはできない(「できない」は「できる」に勝つ)。
  • あなたがあなたのターン中に余波を持つ分割カードの上半分を唱えたなら、それを解決した直後にはあなたが優先権を持つことになる。よって、上半分を唱えた直後、他のプレイヤーが何らかの行動を行う前に余波を持つ側を唱えることができる。フラッシュバックの記事も参照。
  • 余波を持つ半分が打ち消されたり、腹背/Failure暗記/Commitにより追放領域以外へ移動したりする場合でも、代わりに追放領域に移動する。フラッシュバックの記事も参照。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.0

QR Code.gif