モードを持つ両面カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

モードを持つ両面カード/Modal Double-Faced Card(略してMDFC)とは、両面カードの一種。独立した2つの表面を持ち、第1面/第2面のどちらとしてプレイするかを選んでプレイできる両面カードを指す。


Hengegate Pathway / 連門の小道
土地

(T):(白)を加える。

Mistgate Pathway / 霧門の小道
土地

(T):(青)を加える。



Akoum Warrior / アクームの戦士 (5)(赤)
クリーチャー — ミノタウルス(Minotaur) 戦士(Warrior)

トランプル

4/5
Akoum Teeth / アクームの歯
土地

アクームの歯はタップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)を加える。



Esika, God of the Tree / 樹の神、エシカ (1)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — 神(God)

警戒
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。
あなたがコントロールしている、他の伝説のクリーチャーは警戒と「(T):好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。

1/4
The Prismatic Bridge / 虹色の橋 (白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のエンチャント

あなたのアップキープの開始時に、クリーチャーかプレインズウォーカーであるカードが公開されるまで、あなたのライブラリーの一番上から1枚ずつ公開していく。そのカードを戦場に出し、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


目次

[編集] 解説

ゼンディカーの夜明けで初登場し、カルドハイムで再登場した。

従来の両面カード(変身する両面カード)とは異なり、プレイする段階で第1面/第2面のどちらの面としてプレイするかを選択できる。モードを持つ両面カードはいずれも変身能力を持たず、また変身させることもできない(詳細は#ルールを参照)。

ゼンディカーの夜明けのモードを持つ両面カードはすべて、少なくとも片面が土地となっている。土地がダイナミックに姿を変えたり土地そのものが動き出したりするゼンディカー/Zendikarの自然の荒々しさを表現している。続くカルドハイムではカルドハイム/Kaldheimの神々とその権能を表し、第1面は伝説のクリーチャー・カード、第2面は神々の使う道具や魔法、使い魔であるパーマネント・カードとなっている。

  • 機能的には分割カードとよく似ており、パーマネントを扱えるようになった発展型と言える。
  • モードを持つ両面カードの第1面/第2面を区別するシンボルは、カード・セットによらず共通である。カード左上に横向きの水滴型の枠があり、黒い1つの三角形のシンボルがある面が第1面、白い2つの三角形のシンボルがある面が第2面である(カード画像)。
  • モード」の名が使われており、メカニズム的にもルール的にもそっくりだが、ルール用語としてのモードを選択しているわけではない。

[編集] ルール

両面カードのうち、「そのカードを変身させる」または「そのカードを変身した状態で戦場に出す」という能力を持たないもの(=変身する両面カードでないもの)を、モードを持つ両面カードと呼ぶ。

両面カード共通のルールについては両面カード#共通ルールを、モードを持つ両面カード特有のルールについては両面カード#モードを持つ両面カードに関するルールを参照。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210202.1

QR Code.gif