モードを持つ両面カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

モードを持つ両面カード/Modal Double-Faced Card(略してMDFC)とは、両面カードの一種。第1面/第2面のどちらとしてプレイするかを選んでプレイできる両面カードを指す。


Akoum Warrior / アクームの戦士 (5)(赤)
クリーチャー — ミノタウルス(Minotaur) 戦士(Warrior)

トランプル

4/5
Akoum Teeth / アクームの歯
土地

アクームの歯はタップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)を加える。



Selfless Glyphweaver / 無私の象形織り (2)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

無私の象形織りを追放する:ターン終了時まで、あなたがコントロールしているすべてのクリーチャーは破壊不能を得る。

2/3
Deadly Vanity / 命取りのうぬぼれ (5)(黒)(黒)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を選び、その後、それ以外のすべてのクリーチャーとプレインズウォーカーを破壊する。


目次

[編集] 解説

ゼンディカーの夜明けで初登場し、カルドハイムストリクスヘイヴン:魔法学院で再登場した。

従来の両面カード(変身する両面カード)とは異なり、プレイする段階で第1面/第2面のどちらの面としてプレイするかを選択できる。モードを持つ両面カードはいずれも変身能力を持たず、また変身させることもできない(詳細は#ルールを参照)。

モード呪文分割カードなどと同様、1枚のカードで複数の役割を担える点が最大の長所。戦況に合わせて柔軟に使い分けできるため腐りにくく、特に伝説のカードであっても複数枚デッキに投入しやすいという点が画期的。また「スタック戦場以外では第1面のカード・タイプとして扱われる(第2面のカード・タイプとして参照されない)」という性質自体が重宝され、一部の特殊な構造のデッキでは中核となることも(→The SpyCharbelcherティボルト続唱など)。一方で高い柔軟性の代償か、同じマナ・コストの単体のカードと比べると性能が控えめであったり、ニッチな領分を扱うものが多い。

ゼンディカーの夜明けのモードを持つ両面カードはすべて、少なくとも片面が土地となっている。土地がダイナミックに姿を変えたり土地そのものが動き出したりするゼンディカー/Zendikarの自然の荒々しさを表現している。続くカルドハイムではカルドハイム/Kaldheim神々とその権能を表し、第1面は伝説のクリーチャー・カード、第2面は神々の使う道具や魔法、使い魔であるパーマネント・カードとなっている。またそれらとは別に、2色土地である小道サイクルが両セットに収録されている。ストリクスヘイヴン:魔法学院では更に多くのカード・タイプの組み合わせが作られた。

  • 機能的には分割カードとよく似ており、パーマネントを扱えるようになった発展型と言える。
  • モードを持つ両面カードの第1面/第2面を区別するシンボルは、カード・セットによらず共通である。カード左上に横向きの水滴型の枠があり、黒い1つの三角形のシンボルがある面が第1面、白い2つの三角形のシンボルがある面が第2面である(カード画像)。
  • モード」の名が使われており、メカニズム的にもルール的にもそっくりだが、ルール用語としてのモードを選択しているわけではない。

[編集] ルール

両面カードのうち、「そのカードを変身させる」または「そのカードを変身した状態で戦場に出す」という能力を持たないもの(=変身する両面カードでないもの)を、モードを持つ両面カードと呼ぶ。

両面カード共通のルールについては両面カード#共通ルールを、モードを持つ両面カード特有のルールについては両面カード#モードを持つ両面カードに関するルールを参照。

[編集] 開発秘話

モードを持つ両面カード(以下MDFC)のアイデア自体は、変身する両面カードが初登場したイニストラードのデザイン中にすでに見出されていたが、2種類の異なる両面カードを同時に導入すると混乱を招くとして、MDFCは後のセットのために温存された。初登場時に嫌われた(あるいは興味を引かなかった)メカニズムは再登場させるのが難しく、加えて両面カードは生産上の問題があることから、その初登場には貴重な機会とコストに見合うだけの確実なリターンが求められ、「温存」は長期にわたることとなった。

そしてついに、Mark RosewaterはMDFCからボトムアップ・デザインされたセットを提案した。後のストリクスヘイヴン:魔法学院である。当初の計画では、それは呪文インスタントソーサリー)を中心とするセットで、呪文/クリーチャーのMDFCは、リミテッドデッキを組む際に十分な呪文数とクリーチャー数を両立する助けとなる、というものだった。その後、開発部内のMDFCに懐疑的な人たちを納得させるために多数のMDFCをデザインしてみると、そこには豊富なデザイン空間があることが明らかになった。また、開発部内で最も好評を博したのは両面とも土地のMDFC(後の小道)だった。これらの事実から、MarkはMDFCを1セットのみならず、連続する3つのセットに採用できると考えた。これはブロック制が廃止された後の本流のセットで、通年で発売するセットにまとまりを感じさせる要素を作るという試みである。こうして、MDFCはゼンディカーの夜明けで初登場し、続くカルドハイム、ストリクスヘイヴンで連続して採用されることとなった。

しかしながら、実際に3セットのデザインを進めていくと、それらを使用する時期のスタンダード環境に両面カードが多くなりすぎることが判明した(変身する両面カードがあるイニストラード:真夜中の狩りの存在も影響している)。そのため各セットでMDFCの枚数を減らすこととなり、皮肉にも、ストリクスヘイヴンは多数のMDFCを使わずに「呪文中心のセット」を実現しなければならなくなってしまった[1][2]

  • Mark Rosewaterは後に、ゼンディカーの夜明けの土地MDFCは大好評で、カルドハイムのMDFCについても好評だったとする一方、ストリクスヘイヴンのMDFCは文章量が多すぎ、テーマ的一貫性にも欠けていたと述べている。また、上述の「1年間のセットにまとまりを感じさせる」ことについては、MDFCはデッキに1枚入れたからといって複数枚入れたくなるものではないためメカニズム的一体感が薄く、各セットで使い方が異なっていたためフレイバー的一体感も薄かったとして、計画した通りの効果は得られなかったと評価している[3]

[編集] 脚注

  1. Zendikar Rising to the Challenge, Part 2/『ゼンディカーの夜明け』の挑戦 その2Making Magic 2020年9月7日 Mark Rosewater著)
  2. In the Strixhaven, Part 1/『ストリクスヘイヴン』にて その1(Making Magic 2021年3月29日 Mark Rosewater著)
  3. State of Design 2021/デザイン演説2021(Making Magic 2021年8月16日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210712.1

QR Code.gif