秘匿

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
秘匿/Hideaway
種別 常在型能力誘発型能力
登場セット ローウィン
CR CR:702.74

秘匿(ひとく)/Hideawayは、ローウィンで登場したキーワード能力。これを持つパーマネント戦場に出る際に機能する常在型能力置換効果)と、戦場に出たときに誘発する誘発型能力からなる。


Mosswort Bridge / 苔汁の橋
土地

秘匿(この土地はタップ状態で戦場に出る。そうしたとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放する。その後残りをあなたのライブラリーの一番下に置く。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
(緑),(T):あなたがコントロールしているクリーチャーのパワーの合計が10以上である場合、あなたはその追放されたカードをそのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。


[編集] 定義

秘匿/Hideawayは以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

タップインし、戦場に出たときにライブラリーの上から4枚のカードの中から、1枚を追放する(その土地に隠す)能力である。

ローウィンの秘匿ランドサイクルのみがこの能力を持ち、これらは秘匿で追放したカードを特定条件下でマナ・コスト支払わずプレイできるようにする能力を併せ持つ。

[編集] ルール

  • 「そのパーマネントをコントロールしていたプレイヤー」には、現在のコントローラーだけではなく、過去にそのパーマネントをコントロールしていたことがあるプレイヤーも含まれる。
    • この機能が正常に働くように当初のルールから変更が加えられ、現在「カードを見てもよい」という能力は、追放したカードに与えられる能力になっている。
  • そのパーマネントが戦場を離れたとしても、それを追放したパーマネントをコントロールしていたプレイヤーはそのカードを見ることができる。
    • FAQの記述は誤りである。「追放されたカードを見ることができる」ということは、秘匿を持つパーマネントが持つ常在型能力によって生成される効果ではなく、(当初は)誘発型能力によって生成される継続的効果によるものである。生成された継続的効果の期限は「そのカードが追放されているかぎり」であり、そのパーマネントが戦場を離れても期限は来ておらず、継続的効果は終了していない。
    • 現在は追放されたカードが持つ常在型能力による効果なので、この点も明確となっている。
  • 秘匿と追放されたカードをプレイする能力は関連している能力であるため、秘匿以外の方法で追放されたカードをその能力で使うことはできない(CR:406.5)。
  • 各カードが持つ唱える方の能力は、能力が解決中にプレイするよう指示している(CR:608.2f)ため、呪文ならば優先権カード・タイプによる制約(自分メイン・フェイズスタックが空といった)とは関係なく唱える事ができる。土地のプレイは、自分のターンでありこのターンの間に土地をプレイしていない限りプレイする事ができる(CR:305.2bCR:305.3)。

[編集] その他

  • タップイン能力の方を忘れやすいので注意が必要。
    • なぜタップイン能力が独立したテキストではなく秘匿の定義に含まれているのか、疑問に思った人は多かったようである。2007年10月10日のAsk Wizardによると、簡単に言えば「テキストがカードに収まらなくなるから」。この日のAsk Wizardにはドイツ語版苔汁の橋/Mosswort Bridgeの拡大画像が出ているが、かなり細かい字になっている。
  • 開発時は、「戦場に出たとき、ライブラリーの上から3枚を裏向きでTreasure pile(宝の束)に加える」という能力を持つ土地で探す宝を作り出し、「(T):Treasure pileから無作為に1枚を公開し、それの点数で見たマナ・コストを支払うことでそのカードを手札に加える」というキーワード処理のExploreを持つクリーチャーにその宝を探させる仕組みであった(→参考)。

[編集] 該当カード

[編集] サイクル

ローウィン秘匿ランドサイクル。特定の条件下で秘匿したカードマナ・コスト支払わずにプレイできる。

シャドウムーアの”目覚めたクリーチャー”("awakened creature")サイクルと対になっている。括弧内は目覚めたクリーチャー。

秘匿したカードをプレイできるかどうかは、起動型能力解決時のみに条件をチェックする。起動時に条件を満たすかは考慮しない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif