ドラフト点数表/ドラゴンの迷路

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集]

6点 尖塔のロック鳥/Steeple Roc – C
先制攻撃持ちのフライヤーアタッカーとしては及第点だが、やや重い。
4点 太陽塔の門番/Sunspire Gatekeepers – C
の条件を達成しなければ、あまり有効な戦力とは言いづらい。
6点 ハズダーの罠部隊/Haazda Snare Squad – C
ブロック制限能力と高いタフネスが噛み合い、攻勢の維持に便利。
3点 反射起こし/Wake the Reflections – C
1マナの居住。3/3のトークン辺りを増やせれば良いが、単体では役に立ちづらい。
5点 暴動鎮圧/Riot Control – C
濃霧/Fog+ライフ回復。コンバット・トリックとして使えることも。
6点 ボロスの猛犬/Boros Mastiff – C
メリット付きの。序盤戦力としてはそれなり。
6.5点 迷路の歩哨/Maze Sentinel – C
6マナの頑丈な警戒持ち。壁としてはかなり信頼感がある。
5点 リーヴの命令/Lyev Decree – C
2体を留置する軽いソーサリー。速攻を支えるコンバット・トリックとして。
8点 ヴィトゥ=ガジーの末裔/Scion of Vitu-Ghazi – R
5マナで4/4+1/1飛行トークンを2体出すお得なクリーチャー
4点 ギルドとの縁切り/Renounce the Guilds – R
有効に使うには制限が厳しく、使いづらい布告除去

[編集]

6点 オパール湖の門番/Opal Lake Gatekeepers – C
が2枚あればキャントリップ。4マナ2/4のスペックはブロッカーとして及第点。
7点 風のドレイク/Wind Drake – C
3マナ2/2の中堅フライヤー。安定した戦力。
7点 つぶやく幻/Murmuring Phantasm – C
2マナながら、4マナまでの地上アタッカーはほとんど止められる優秀な
5点 精神静電/Mindstatic – C
実質確定カウンターだが、構えるには4マナと重すぎる。
6.5点 走者止め/Runner's Bane – C
アンタップ制限を加える擬似除去。脅威となるアタッカーを止められないのは今ひとつ。
3点 発掘された道しるべ/Uncovered Clues – C
2枚ドロー出来る確率はかなり低く、真価を発揮できることは少ない。
6点 見えざる糸/Hidden Strings – C
暗号で通った後は擬似警戒、土地起こしなど独特な動きが出来る。初回はブロッカー排除に使えるのが魅力。
7.5点 迷路の滑空者/Maze Glider – C
3/5のサイズ飛行付与と、多くの場面で活躍出来る。
2点 特質改竄/Trait Doctoring – R
工夫次第で相手の裏をかくこともできるが、正直使いづらい。
9.5点 霊異種/AEtherling – R
これ一枚で勝てるレベル。

[編集]

3点 悪意ある占有/Sinister Possession – C
戦闘抑制系。序盤にウィニーにつけるぐらいか。
6点 ウブール・サーの門番/Ubul Sar Gatekeepers – C
があればブロッカーを増やしつつ除去を撃てる。能力抜きにしても、それなりのマナレシオ
7点 致命的な噴煙/Fatal Fumes – C
除去としては非効率だが、再生持ちを確実に落とせる除去は少ない。
6点 破滅小径の悪党/Bane Alley Blackguard – C
2マナ1/3バニラ。序盤の役としては及第点。
7点 墓所への乱入/Crypt Incursion – C
軽く2桁ライフゲインできるヤル気デストラクション。
7点 迷路の嫌悪者/Maze Abomination – C
6マナ4/5接死マナレシオはそこそこ。接死付与も守備的だが強力。
6点 雇われ拷問者/Hired Torturer – C
壁にしては微妙なタフネスだが、タップ能力でのライフロスは膠着場で生きる。
7点 ラクドスのドレイク/Rakdos Drake - C
解鎖持ちのフライヤーサイズも良く、使いやすい。
9点 荒廃の司教/Pontiff of Blight – R
ほぼ突破不可能なサイズに加え、全体への強請付与で呪文を唱える度に大量ドレイン。非常に強力。
6.5点 血の公証人/Blood Scrivener – R
ドロー能力が活きる機会はあまり無い。

[編集]

7点 瓦礫帯のマーカ/Rubblebelt Maaka – C
4マナ3/3のサイズと、低コストの湧血をあわせ持ち腐りづらい優良クリーチャー。
4点 ギルドへの畏敬/Awe for the Guilds – C
多色クリーチャーが多い環境柄、あまり決定的とはいえない。
4点 障害排除/Clear a Path – C
基本はサイドボード用。防衛持ちの多い相手には役立つことも。
7点 敵への処罰/Punish the Enemy – C
やや重いが、合計6点分の火力はなかなか優秀。
5点 武器への印加/Weapon Surge – C
超過付きのコンバット・トリック先制攻撃での奇襲は便利。
6点 暴動の長槍使い/Riot Piker – C
攻撃強制は厄介だが、パワー2の先制攻撃持ちのため序盤は強力。
6点 迷路の急襲者/Maze Rusher – C
速攻付与が役に立つ局面はあまりないが、パワー6の速攻は状況次第で決定打になることも。
5点 溶解区の門番/Smelt-Ward Gatekeepers – C
とのシナジーが成功すると結構強力。そうでなくともタフネス4は赤では珍しく、役に立つことはある。
2点 吹き荒れる潜在能力/Possibility Storm – R
赤恒例のバクチ系エンチャント。趣味の領域。
7.5点 薪荒れのシャーマン/Pyrewild Shaman – R
再利用可能な湧血持ち。墓地回収、湧血とも、ややコストが気になるところ。

[編集]

7点 クロールの戦士/Kraul Warrior – C
序盤は、終盤はパンプアップして5/5になれる優良コモン。
6点 サルーリの門番/Saruli Gatekeepers – C
が2枚あると7点のライフを得られる。2/4のブロッカーと合わせるとかなりの余裕を得られる。
6点 植生噴出/Phytoburst – C
ソーサリーのため奇襲性が低いが、+5/+5は強力。回避能力持ちに使って確実に通したい。
5点 繕いの接触/Mending Touch – C
再生を与える1マナインスタント除去対策に。
6点 突然変異の捕食/Mutant's Prey – C
シミックゴルガリ向けの捕食/Prey。収まるデッキは限られるが、インスタントタイミングで使えるのは優秀。
7点 のたうつ苔犬/Thrashing Mossdog – C
4マナ3/3のサイズ到達活用を持つ。腐りづらい中堅クリーチャー
7点 迷路のビヒモス/Maze Behemoth – C
トランプル持ちのファッティ。単体でもそれなりに強い。
6点 乱打する混成体/Battering Krasis – C
トランプルが活きるサイズまで進化させるのは少々面倒。
8点 空殴り/Skylasher – R
アンチ青に特化した軽量クリーチャー。小回りが効き、緑回りだと非常に便利。
8点 反逆の混成体/Renegade Krasis – R
進化解鎖活用などと上手くシナジーを形成したい。

[編集] 白青

7.5点 返済代理人/Deputy of Acquittals – C
瞬速持ちのという時点で優秀な戦力。オーラの引き剥がし、除去の立ち消えなど、柔軟な運用が出来る。
8点 ジェーレンのスフィンクス/Jelenn Sphinx – U
飛行警戒に加え、アタッカー強化を持つ。スペック自体はタフネス偏重だが、攻守に活躍できる。
8点 上昇する法魔道士/Ascended Lawmage – U
4マナ3/2に呪禁もついた優秀なフライヤーアタッカーとして非常に優秀。
7点 平和の復元/Restore the Peace – U
上手く大量バウンス出来ると大きく有利になるが、その分ダメージを受ける必要があるのが難。
7点 静寂宣告/Render Silent – R
色が合うなら取り消し/Cancelの上位互換。終盤の駆け引きでは頼りになる。
8.5点 第10管区のラヴィニア/Lavinia of the Tenth – R
相手にもよるが、全体への留置は強力で、自身のサイズも高い。
7点 不可侵議員/Council of the Absolute – M
相手のエンドカード対策、自身の切り札のコスト軽減など便利だが、単体ではあまり盤面に影響を及ぼさない。

[編集] 白黒

7点 税収飲み/Tithe Drinker – C
強請絆魂を持ち、ライフレースに強い軽量クリーチャー
8点 オブゼダートの大口/Maw of the Obzedat – U
1/1トークンなどの生産手段があるとかなり強力。見えているコンバット・トリックとして睨みを効かせることも出来る。
5点 死せざる者への債務/Debt to the Deathless – U
決定力はあるが、終盤までほぼ役に立たないのが難。
7点 罪の収集者/Sin Collector – U
除去などを落としつつ着地できれば大きなアドバンテージ
6点 オブゼダートの救済/Obzedat's Aid – R
5マナの万能リアニメイト。色が合うならば持っていて損は無い。
9点 幽霊の特使、テイサ/Teysa, Envoy of Ghosts – R
ライフさえ十分なら、単独でクリーチャー戦を制しうるフィニッシャー
9点 ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa – M
4/4絆魂に加え、2色のプロテクションを持つ強力なクリーチャー。色によっては詰むため、カットする必要も。

[編集] 青黒

6点 盗まれた計画/Pilfered Plans – C
2ドローライブラリー破壊。色が合うなら問題なく使える。
4点 植林地を這うもの/Woodlot Crawler – U
徹底したアンチ緑クリーチャーサイドボード向け。
8点 歪んだ体形/Warped Physique – U
除去強化の両面で使える便利なカード。
8点 夜帷の憑依者/Haunter of Nightveil – U
かなり盤面を安定化させてくれる優秀なクリーチャー
7点 概念泥棒/Notion Thief – R
最悪瞬速コンバット・トリックとしても多少は役に立つ。ドローを上手く潰せれば莫大なアドバンテージにつながる。
9点 精神を飲む者、ミルコ・ヴォスク/Mirko Vosk, Mind Drinker – R
3~4回殴ればライブラリーを削り尽くせる脅威のフライヤー除去されなければ勝利は近い。
2点 知力の刈り取り/Reap Intellect – M
正直役に立たない。

[編集] 青赤

7点 ニヴィックスのサイクロプス/Nivix Cyclops – C
4/4のアタッカーとしても振る舞える優秀な
2点 ゴブリンの試験操縦士/Goblin Test Pilot – U
イゼットらしさを演出するフレーバーアンコモン。
5点 天才の煽り/Blast of Genius – U
効果自体は強力だが、6マナはいささか重すぎるか。
7.5点 変転充填魔/Fluxcharger – U
普段は強力なとして戦線を保ちつつ、隙を見て5点叩き込んでいける。
5点 イゼットの模範、メーレク/Melek, Izzet Paragon – R
使うならばインスタントソーサリーを多めに積んでいきたい。
8点 ドラゴン化/Dragonshift – R
超過すれば紛れも無くエンドカード。問題はクリーチャーの数を並べられるかどうか。
9点 ラル・ザレック/Ral Zarek – M
タップアンタップ+3点火力+ターン追加。やや癖があるが、どれもかなり優秀。

[編集] 黒赤

5点 モルグの噴出/Morgue Burst – C
6マナのリアニメイト火力。効果自体は悪くないが、流石に重いか。
8点 殺戮の剣闘士/Carnage Gladiator – U
4マナ4/2+再生+α。色が合うならば主力になる戦力。
7点 とげの道化/Spike Jester – U
2ターン目に着地できれば非常に頼もしい。
3点 名演撃/Showstopper – U
3マナの適当なクリーチャーを入れたほうが大体においてマシ。
7.5点 狂気の種父/Sire of Insanity – R
有利な盤面で出さないと自分の首を締めかねないが、十分強力。
8.5点 ラクドスの血魔女、イクサヴァ/Exava, Rakdos Blood Witch – R
4マナ3/3のサイズ速攻先制攻撃解鎖と戦闘能力が極めて高い。
9点 残虐の達人/Master of Cruelties – M
接死先制攻撃ブロッカーを強引にすりつぶす。タフネスも高く、非常に対処しづらい。

[編集] 黒緑

4点 汚濁まみれ/Drown in Filth – C
まず土地が墓地になかなか落ちてくれない。
8.5点 化膿/Putrefy – U
非常に信頼性のある除去。メインからアーティファクトに対処出来るのも高得点。
8点 コロズダのゴルゴン/Korozda Gorgon – U
高いタフネスと接死を持つ強力な解鎖クリーチャーカウンターを外すなど便利。
7点 腐敗農場の骸骨/Rot Farm Skeleton – U
墓地を肥やしつつ何度も蘇るアタッカー回避能力が無いのが難点。
8.5点 花崗岩の凝視/Gaze of Granite – R
調整が効く全体除去ボード・アドバンテージの固定化など、使い勝手は優秀。
8.5点 縞痕のヴァロルズ/Varolz, the Scar-Striped – R
何でも低コストで活用出来、再生除去されづらく、墓地肥やしも可能。回避能力持ちに打点を集中させるなど、色々使える。
8点 死橋の詠唱/Deadbridge Chant – M
クリーチャー比率を高くしておけば、無償でクリーチャーがどんどん現れる。マナは重いが、長期戦になった場合は強力。

[編集] 赤緑

7.5点 ザル=ターのドルイド/Zhur-Taa Druid – C
マナを生みながらダメージを飛ばせる優秀なマナ・クリーチャー。色が合うなら是非。
7.5点 瘡蓋族の巨人/Scab-Clan Giant – U
着地と同時に無作為に格闘する。勝手に討死するリスクもあるが、だいたいアドバンテージを取れる。
6.5点 グルールの戦唄/Gruul War Chant – U
頭数が揃っていれば、かなり強引にダメージを通せるようになる。
6点 残忍な精霊信者/Feral Animist – U
回避能力やパワー修整と合わせると、驚異的な打点を叩き出すことも。
8.5点 ザル=ターの古きもの/Zhur-Taa Ancient – R
5マナ7/5と強烈なサイズマナ加速は相手も利用できるため、隙を作らないよう注意。
9点 自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed – R
圧倒的な盤面制圧力。除去されても6点ダメージ。ただしタッパーには弱い。
9点 野蛮生まれのハイドラ/Savageborn Hydra – M
自力強化できるハイドラ二段攻撃を持っている。さすがは神話レア

[編集] 赤白

7点 ヴィーアシーノの初太刀/Viashino Firstblade – C
速攻で4点叩き込む攻撃的なクリーチャー大隊とも相性が良い。
8.5点 戦導者のらせん/Warleader's Helix – U
汎用的な4点ドレイン。非常に強力。
4点 戦いの烈光/Gleam of Battle – U
ボロスにとっては重く、効果自体も割と悠長。
7点 猛火の猛士/Blaze Commando – U
若干タフネスに不安があるが、火力を打つ度にトークンを生み出せる。積極的に火力を集めておきたい。
8.5点 軍勢の刃、タージク/Tajic, Blade of the Legion – R
破壊不能のため極めてしぶとい。大隊が成立すれば戦闘ではほぼ無敵。
6点 ボロスの布陣者/Boros Battleshaper – R
7マナにしては、能力やサイズも割と慎ましい。そもそも重い。
9点 軍団の戦略/Legion's Initiative – M
除去されなければ勝てる強力なエンチャント

[編集] 緑白

7点 鎧の狼乗り/Armored Wolf-Rider – C
5マナ4/6と頼もしいサイズを持ったバニラクリーチャー。有力な中堅候補。
8点 青銅嘴の恐鳥/Bronzebeak Moa – U
割と安定して5/5のアタッカーになれる。複数のトークンを出せると更に強力。
7点 トロスターニの召喚士/Trostani's Summoner – U
7マナながら自身含めて総P/Tは10/10とコストパフォーマンスは良好。全体強化居住、あるいは進化と噛み合うと脅威。
8点 ひるまぬ勇気/Unflinching Courage – U
P/T修整・絆魂トランプルと全てが噛み合った強力なオーラ
6点 イマーラ・タンドリス/Emmara Tandris – R
とりあえず5/7のファッティだが、7マナ帯は競合も多い。
9点 ワームの到来/Advent of the Wurm – R
4マナ5/5瞬速トランプルは脅威的性能。居住出来れば爆アド。
9点 復活の声/Voice of Resurgence – M
2マナでありながら、極めて強力かつ厄介。

[編集] 緑青

7.5点 甲虫体の魔道士/Beetleform Mage – C
自力で4/4のフライヤーになれる強力なアタッカー。色が合うなら確実に主戦力。
5点 狩りの仕込み/Bred for the Hunt – U
繰り返し使えるドローエンジンだが、引きが合わないと完全に腐る。ピック段階での調整が重要。
7.5点 混成体の培養/Krasis Incubation – U
付け外し可能な擬似除去、あるいは強化手段など活用は幅広い。
7点 種喰らい/Species Gorger – U
6/6のサイズは魅力。ペナルティCIP能力を使いまわすなり、ポジティブに利用できる。
8.5点 育殻組のヴォレル/Vorel of the Hull Clade – R
軽いとして強く、システムクリーチャーとしても非常に強力。
7点 原形質捉え/Plasm Capture – R
色拘束は非常に厳しいが、決まった際の見返りは非常に強力。
9点 前駆ミミック/Progenitor Mimic – M
戦場で最も強いクリーチャーをコピーし、更に毎ターンそのトークンを増やし続けるエンドカード

[編集] 分割カード

8点 遠隔+不在/Far+Away – U
青のバウンス+黒の布告除去。クセがなく片方だけでも使いやすい。
6点 生存+存命/Alive+Well – U
緑のトークン生成+白のライフ回復トークン戦略とは良くかみ合う。
6点 投与+享受/Give+Take – U
緑の+1/+1カウンター増加+青のドロー。+1/+1カウンターを利用するデッキには問題なく差せる性能。
5点 保安+奉仕/Protect+Serve – U
白のP/T修整+青のパワー弱体化。どちらもシンプルなコンバット・トリックだが、大きなアドバンテージは得づらい。
8点 武装+物騒/Armed+Dangerous – U
赤の二段攻撃付与+緑のブロック強制融合で唱えた際の破壊力は抜群で、それぞれ単体でも強力。
8点 変化+点火/Turn+Burn – U
青の弱体化+赤の火力融合で確実な除去になり、片方ずつでも使い勝手は悪くない。
4点 摩耗+損耗/Wear+Tear – U
赤のアーティファクト破壊+白のエンチャント破壊サイドボード用として重宝。
6点 有害+不潔/Down+Dirty – U
黒の手札破壊+緑の墓地回収。緑が出せるなら、不潔/Dirtyのためにピックしておいても可。
8点 労苦+苦難/Toil+Trouble – U
黒のドロー+赤の本体火力。特に労苦/Toilは黒の貴重なドローであり、希少価値が高い。
6点 利得+損失/Profit+Loss – U
白の全体強化+黒の全体マイナス修整。どちらも数字は小さいが、使いやすい効果。
6点 唯々+諾々/Beck+Call – R
色拘束が厳しく重いが、両方使えれば大きなアドバンテージに。諾々/Call側だけでも使用には耐える。
8点 覚悟+意欲/Ready+Willing – R
どちらの効果もコンバット・トリックとして強力。片方だけでも色が合うなら使いたい。
5点 強行+突入/Breaking+Entering – R
ライブラリー破壊リアニメイト。どちらもクセが強く、やや使いづらい。
7点 肉体+血流/Flesh+Blood – R
血流/Bloodは火力としてそれなりに優秀。
6点 捕獲+放流/Catch+Release – R
捕獲/Catchは反逆の行動/Act of Treasonと考えてもそれなりに優秀。放流/Releaseは使いどころが難しい。

[編集] アーティファクト

5点 アゾリウスの導き石/Azorius Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 イゼットの導き石/Izzet Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 オルゾフの導き石/Orzhov Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 グルールの導き石/Gruul Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 ゴルガリの導き石/Golgari Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 シミックの導き石/Simic Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 セレズニアの導き石/Selesnya Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 ディミーアの導き石/Dimir Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 ボロスの導き石/Boros Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。
5点 ラクドスの導き石/Rakdos Cluestone – C
色が定まってから、マナ基盤が心配になれば。

[編集] 土地

6点 アゾリウスのギルド門/Azorius Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 イゼットのギルド門/Izzet Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 グルールのギルド門/Gruul Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 シミックのギルド門/Simic Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 ボロスのギルド門/Boros Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
6点 ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate – C
を参照するカードは少なくないため、多めに確保するのも戦略の一つ。
3点 迷路の終わり/Maze's End – M
運が良ければを引っ張ってくる無色土地という程度。
QR Code.gif