確定カウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

確定カウンターとは、通常通り効果を発揮すれば、確実に呪文打ち消すことができる呪文の俗称。


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。



Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりに、オーナーのライブラリーの一番上に置く。


簡単に言ってしまえば、「呪文1つを対象とし、それを打ち消す。」と素直に書かれているもの(例外あり)。かつては対抗呪文/Counterspell、現在は取り消し/Cancelがその代表例である。

対抗呪文/Counterspellのようにマナ・コストを支払うだけで唱えられ、無条件で呪文を打ち消し、かつそれを確実に墓地等の再利用の難しい領域に送り込めるものだけを「確定」と呼ぶか、とりあえず相手の呪文を打ち消すことだけできれば「確定」と呼ぶのか、人によって定義は分かれる。

ハード・カウンター」とは似ているが、少し異なる。日本で言うところの「確定」とは、拒絶/Abjureなど使用条件がついているもの、記憶の欠落/Memory Lapseなど相手の呪文を無力化しきれないものも確定カウンターに分類される事が多い。つまり、「打ち消す」と言う処理が確実に出来るかどうかだけが問題にされる。

ソフト・カウンター」と不確定カウンターにも同じ事が言え、日本で一般的に言われるところの不確定カウンターにはマナ漏出/Mana Leakのような相手に回避される可能性があるものだけが分類される事が多いのに対し、ソフト・カウンターは上記のような「条件付き」や「一時しのぎ」のようなものも全て含まれる。

[編集] 対義語

[編集] 参考

QR Code.gif