確定カウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

確定カウンター/Hard Counterとは、通常通り効果を発揮すれば、確実に呪文打ち消すことができる呪文の俗称。堅い打ち消しとも訳されたことがある。対義語は不確定カウンター/Soft Counter

目次

[編集] 開発部の定義


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


開発部の定義では、対抗呪文/Counterspell取り消し/Cancelのように

  1. マナ・コストを支払うだけで唱えられ、
  2. 何の条件もなしであらゆる呪文を打ち消し、
  3. その後墓地をはじめとした再利用の難しい領域に送り込める

ものを指す[1][2]。簡単に言ってしまえば「呪文1つを対象とし、それを打ち消す。」と素直に書かれているもの。

このHard Counterの元々の意味を、日本では特に「ハード・カウンター」と呼び、後述の意味と区別する場合がある。

[編集] 日本では


Essence Scatter / 本質の散乱 (1)(青)
インスタント

クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。



Abjure / 拒絶 (青)
インスタント

この呪文を唱えるための追加コストとして、青のパーマネントを1つ生け贄に捧げる。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。



Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりに、オーナーのライブラリーの一番上に置く。


  1. 本質の散乱/Essence Scatterのように対象が限定されているもの、
  2. 拒絶/Abjureのように使用条件がついているもの、
  3. 記憶の欠落/Memory Lapseのように相手の呪文を無力化しきれないもの

は本来「不確定カウンター/Soft Counter」と呼ばれるが、日本ではそれらも広義の確定カウンターとして分類されることがある。例えば津村健志による日本公式サイトでの連載『津村健志の「先取り!」スタンダード・アナライズ』では、第86回:グランプリ・オーランド トップ8デッキ特集否認/Negate第68回:固まってきたメタゲーム?Tier1特集・後編払拭/Dispelを「確定カウンター」と称している。つまり、「打ち消す」という処理が確実にできるかどうかだけが問題にされ、マナ漏出/Mana Leakのような相手に回避される可能性があるものだけを「不確定カウンター」と呼ぶのである。

上述のものを、日本ではソフト・カウンターと呼ぶこともある。

[編集] 脚注

  1. Counter Intelligence/対抗注文 (Making Magic 2005年3月28日) Mark Rosewater進藤欣也
  2. A Few More Words from R&D/開発部語辞典2016Making Magic -マジック開発秘話- 2016年11月8日 Mark Rosewater米村薫訳)
  3. Storming the Gatecrash, Part 2/ギルド門侵犯の嵐 その2Making Magic -マジック開発秘話- 2013年1月28日 Mark Rosewater米村薫訳)

[編集] 参考

QR Code.gif