肉体+血流/Flesh+Blood

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Flesh / 肉体 (3)(黒)(緑)
ソーサリー

いずれかの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを追放する。クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターをX個置く。Xは、あなたが追放したカードのパワーである。
融合(あなたはこのカードの片方の半分または両方の半分をあなたの手札から唱えてもよい。)

Blood / 血流 (赤)(緑)
ソーサリー

あなたがコントロールするクリーチャー1体と、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。その前者はその後者に、自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。
融合(あなたはこのカードの片方の半分または両方の半分をあなたの手札から唱えてもよい。)


黒緑赤緑融合分割カード。任意の墓地クリーチャーカード活用のように用いる効果と、魂の火/Soul's Fireの組み合わせ。

融合で唱える強化した上でのパワーを参照するためかなりのダメージを期待できるが、対応してそのクリーチャー除去されてしまうとダメージを与えることができなくなる。他の融合分割カード同様にかなり重いため、妨害には十分注意して運用したい。

  • 血流は、多色化しているとはいえ魂の火より点数で見たマナ・コスト軽くなっている。柔軟性ゆえにコストが高めに設定される分割カードとしては珍しい。
  • "flesh and blood"で「生身の肉体」「人間味」「肉親」などの意。

[編集] ルール

  • 肉体の解決時に、戦場に出ているクリーチャーは不正な対象だが墓地のクリーチャー・カードは適正な対象である場合、そのカードは追放する。一方、クリーチャーは適正な対象だが墓地のカードが不正な対象である場合、「追放したカード」が存在しないため+1/+1カウンターは置かれない。
  • 血流の解決時にどちらか一方が不正な対象である場合、不正な対象は影響を受けることも与えることもないため、何も起こらない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドラゴンの迷路レア融合を持つ分割カードサイクル。いずれも1を共有する、ラヴニカへの回帰に登場したギルド/Guild1つとギルド門侵犯に登場したギルド1つの組み合わせである。

[編集] 参考

QR Code.gif