活用

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
活用/Scavange
種別 起動型能力
登場セット ラヴニカへの回帰
ドラゴンの迷路
CR CR:702.96

活用(かつよう)/Scavengeは、ラヴニカへの回帰で制定されたキーワード能力。これを持つカード墓地にあるときのみ機能する起動型能力である。


Deadbridge Goliath / 死橋の大巨虫 (2)(緑)(緑)
クリーチャー — 昆虫(Insect)

活用(4)(緑)(緑)((4)(緑)(緑),このカードをあなたの墓地から追放する:クリーチャー1体を対象とし、それの上にこのカードのパワーに等しい数の+1/+1カウンターを置く。活用はソーサリーとしてのみ行う。)

5/5

[編集] 定義

活用 [コスト]/Scavenge [コスト]は、「[コスト], このカードをあなたの墓地から追放する:クリーチャー1体を対象とし、それの上にこのカードのパワーに等しい数の+1/+1カウンターを置く。この能力は、あなたがソーサリー唱えられるときにのみ起動できる。」を意味する。

[編集] 解説

ラヴニカへの回帰でゴルガリ団/The Golgariに割り振られたキーワード。死からさらなる力を得ようとするゴルガリ団の主義を表している。

  • Scavengeには「(利用できるものを)ゴミの中から集める」という意味こそあるが、それをして「活用」と訳すにはやや難がある。ゴルガリのフレーバーからすれば、このScavengeには「腐肉をあさる」という意味が込められていることは想像に難くない。

[編集] ルール

  • 活用でクリーチャー・カードを墓地から追放することはコストの一部である。この能力を起動してコストが支払われたら、カードを墓地から取り除くことで能力の起動を妨害することはできない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif