育殻組のヴォレル/Vorel of the Hull Clade

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vorel of the Hull Clade / 育殻組のヴォレル (1)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) マーフォーク(Merfolk)

(緑)(青),(T):アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とする。それの上に置かれている各種類のカウンターの個数を2倍にする。

1/4

シミック連合/The Simic Combineの迷路走者。

カウンター倍にする起動型能力は、リミテッドではほぼ+1/+1カウンターを増やしてクリーチャー強化する能力として見ることになる。特に大量のカウンターを置く活用投与/Give雨雲を泳ぐもの/Nimbus Swimmerなどと組んだ時の爆発力は凄まじい。また3マナ1/4という基本性能はブロッカーとしても進化の相方としても優秀であり、盤面を膠着させつつ、自身が進化させたクリーチャーを毎ターン育てていくこともできる。

構築では、強化手段として見るよりはむしろコンボパーツとしての性能に注目したい。スタンダードカードプールではアゾールの雄弁家/Azor's Elocutorsとの組み合わせが有力。統率者戦でこれを統率者とし、ダークスティールの反応炉/Darksteel Reactorなどのカウンター利用カードを目一杯詰め込むのもよい。

[編集] ルール

  • 「カウンター1種類につき1つ増やす」のではなく「カウンター1つについて1つずつ増やす」、つまり2倍にする。また増やすことは強制であり、乗っている全種類のカウンターを必ず2倍にしなければならない。
    • 直近の似た効果である増殖のイメージを引きずると特に間違いやすいので注意。
  • カウンターが乗っていないパーマネントでも対象にできる。その場合、解決時には何もしない。
  • 対戦相手のパーマネントでも対象にできる。-1/-1カウンターや、累加アップキープ経年カウンターが狙い目。
  • プレイヤーは対象に取れないため、毒カウンター経験カウンターを倍にすることはできない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドラゴンの迷路の各ギルド/Guildの迷路走者サイクル。いずれもレア伝説のクリーチャー

[編集] ストーリー

ヴォレル/Vorelシミック連合/The Simic Combineの育殻組/Hull Cladeの生術師/Biomancerで、暗黙の迷路/The Implicit Mazeの走者の1人。

詳細はヴォレル/Vorelを参照。

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
強制順応/Forced Adaptation生体材料の突然変異/Biomass Mutation
ドラゴンの迷路
甲虫体の魔道士/Beetleform Mage原形質捉え/Plasm Capture

[編集] 参考

QR Code.gif