自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ruric Thar, the Unbowed / 自由なる者ルーリク・サー (4)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — オーガ(Ogre) 戦士(Warrior)

警戒、到達
自由なる者ルーリク・サーは可能なら毎ターン攻撃する。
プレイヤー1人がクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、自由なる者ルーリク・サーはそのプレイヤーに6点のダメージを与える。

6/6

グルール一族/The Gruul Clansの迷路走者。

6マナ6/6とマナレシオは良好であり、さらに+αの能力を複数持つため、コスト・パフォーマンスは高い。攻撃強制ペナルティ能力があるものの、サイズが大きく警戒もあるのでそこまで致命的ではない。

やはり特筆すべきは非クリーチャー呪文誘発するダメージ能力。6点という威力は半端ではなく、状況次第では実質的に唱えるのを禁止したも同然の状態となりうる。擬似的な除去耐性コンバット・トリック封じとしても機能し、サイズの大きさもあいまって、マナ加速から早期に召喚できれば戦場を支配できる。

ただし起動型能力187クリーチャーに対しては何もできないので、タッパーなどは天敵。またアグロデッキに採用するには少々重過ぎる感も否めない。

スタンダードでは、ミッドレンジタイプのデッキ(グルールモンスタージャンドモンスター)でしばしばサイドボードに1~2枚採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドラゴンの迷路の各ギルド/Guildの迷路走者サイクル。いずれもレア伝説のクリーチャー

[編集] ストーリー

ルーリク・サー/Ruric Tharはグルール一族のゴーア族/Ghor clanの族長である双頭のオーガで、暗黙の迷路/The Implicit Mazeの走者の1人(イラスト)。右頭のルーリク/Ruricと左頭のサー/Tharでそれぞれ別の人格を持っている。

詳細はルーリク・サー/Ruric Tharを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif