超過

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
超過/Overload
種別 常在型能力
登場セット ラヴニカへの回帰
ドラゴンの迷路
統率者2015
CR CR:702.95

超過(ちょうか)/Overloadは、ラヴニカへの回帰で制定され、統率者2015で再登場したキーワード能力。これを持つカードスタック上にある間に機能する常在型能力2つからなる。


Cyclonic Rift / サイクロンの裂け目 (1)(青)
インスタント

あなたがコントロールしていない土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
超過(6)(青)(あなたはこの呪文をその超過コストで唱えてもよい。そうしたなら、あなたがコントロールしていない土地でない各パーマネントをそれぞれオーナーの手札に戻す。)


[編集] 定義

超過 [コスト]は以下の2つの常在型能力からなる。

日本語版は文法の関係で理解しにくいため、注釈文に変更後の効果がそのまま書いてある。

[編集] 解説

ラヴニカへの回帰でイゼット団/The Izzetに割り振られたキーワード。単体への呪文の効果が全体へと拡大する、直感的にわかりやすいが大胆な能力

[編集] ルール

[編集] その他

  • 超過を持つすべての呪文は、何らかのオブジェクトのうち、「あなたがコントロールする」または「あなたがコントロールしていない」もの1つを対象に取る。基本的に利益をもたらすものが前者、不利益をもたらすものが後者となっている。
  • デザインの元となったのは、The Great Designer SearchでのKenneth Nagleの提出案の中に含まれていた分散/Dispersionというメカニズムである。さらにその着想元となったのは放射/Radiate
  • ラヴニカ・ブロックにおけるイゼットのキーワードである複製とはよく似ている。さらに言えば、どちらも「コスト小、効果小」と「コスト大、効果大」を選択できるという、キッカーの系譜に連なるメカニズムである。
  • 同じ英語名を持つカード過負荷/Overloadがある。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif