マナレシオ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナレシオ(Mana Ratio)とは、カードの性能(コスト・パフォーマンス)に対する評価方法のひとつ。直訳すると「マナ比率」すなわち「1マナ当りの効果の大きさ」という意味。

例えば火力で言えば、灼熱の槍/Searing Spear(2マナ3点)と炎の投げ槍/Flame Javelin(最小3マナ4点)を比較すると、1マナ当たりの威力は前者が1.5点、後者が1.33…点であるため、焦熱の槍のほうが効率がよいという計算になる。当然ながら、「だから灼熱の槍のほうが絶対的に強い」ということにはならないわけだが、評価する際の基準のひとつにはなるだろう。

特によく使われるのは、クリーチャー点数で見たマナ・コストP/Tとの比率で、「P/Tの平均値を点数で見たマナ・コストで割った数値」を用いるのが通例である。具体的に示すと、3マナ2/2であれば「3分の2=0.66…」、3マナ3/3であれば「3分の3=1」、3マナ5/4であれば「3分の4.5=1.5」と表現できる。比較すればわかる通り、「値が高いほど効率がよい」と評すことができる。

当然ながらあくまで点数で見たマナ・コストとP/Tの数字しか見ていない計算であるため、カードパワーのひとつの側面でしかない。マナ・コスト色拘束追加コストは計算に入っていないし、また能力(メリット能力もしくはペナルティ能力)もまったく無視している。それに、計算式の都合上、低コストのカードほど小さな差が大きく影響しやすい(パワーないしタフネスが1変わると、1マナだと0.5も変動するが、5マナだと0.1しか変わらない)、クリーチャーや歩く火力のような極端な性能が強みのクリーチャーの評価には向かない、などの問題もある。あくまで考え方や目安のひとつ程度に受け取るのがよい。

マナ・コストが1以上でこの数字が最大なのは死の影/Death's Shadow(13)、最小なのは脊髄寄生虫/Spinal Parasite(−1/5)。値が正のものに限れば、最小はNecropolis脈動する幻影/Pulsating Illusion運命の盗人/Fortune Thiefぬいぐるみ人形/Stuffy Doll(1/10)である。

  • 大雑把な目安としては「1」を基準に考えるとよい。近年(明確な線引きはできないが、おおよそイニストラード・ブロック以降)の基準では、バニラクリーチャーでもマナレシオ1がだいたい標準という扱いであり、マナレシオ1以上でメリット能力を持っていても珍しくない。
  • この数字が3以上ならば確実にとんでもないデメリット能力がつく。1マナ3/3以上、2マナ6/6以上などはそうはいない。
  • 能力を数値化するために、メリットとなる能力を+1、デメリットとなる能力を-1としてパワー、タフネスに換算し、改めてマナレシオを計算するという手法が取られることもある。ただし、能力毎に同じ修整値ではおかしいのは明らかであり、やはり正確に数値化できるとは言えない。

[編集] 参考

QR Code.gif