取り消し/Cancel

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cancel / 取り消し (1)(青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


対抗呪文/Counterspellの修正版である確定カウンター呪文

単純に1マナ重くなった点以外は対抗呪文と同じであり、その下位互換である。しかし大抵の呪文を1枚で打ち消せる万能さは対抗呪文と変わらず、トーナメントでも充分な活躍を見せる。

ただしやや重いため、特に2回打ち消しをしようとすると、残さなければいけないマナの負担が重くのしかかる。メタが絞られている場合は本質の散乱/Essence Scatter否認/Negateなどの対象が限定されたかわりに軽量化されたカウンターが使われる。もちろん併用されることも多い。

時のらせんの登場時には、入れ替わりでスタンダードから退場した邪魔/Hinderと比較されたが、邪魔の方が高く評価されることが多かった。これは、当時のスタンダード環境墓地利用が盛んであったことからである。また、そのシンプルさから、基本セット再録を前提とした収録と予測するプレイヤーも多く、予想通り第10版に再録された。

かつて対抗呪文がそうであったように新枠における確定カウンターのデザインにおける基準になっており、取り消し自身が定期的に再録されるほか、ブロックごとの個性を持った上位互換もたびたび登場している(下記参照)。

  • 時のらせんと第10版のイラスト第4版までの対抗呪文のイラストに似ている。イラストレーターも同じMark Pooleである。
  • 基本セットに再録されたものは、効果の単純さを強調するためか、対抗呪文同様フレイバー・テキストが書かれていない。
  • 公式コラム[1]で「呪文1つを対象とし、それを打ち消す」の適正なマナ・コストについてのアンケートが行われ(選択肢は青マナ2つ含む2マナ、3マナ、4マナの3つ)、その結果[2]、対抗呪文が健在の間でも29%が3マナが適正と答えている。
  • 時のらせんでの登場後、定期的に再録されたことで長い間スタンダードに存在し続けたが、タルキール覇王譚での再録以降は収録されることがなく、タルキール覇王譚がスタンダードを去ったことで初登場から9年半後に初めてスタンダード落ちとなった。

目次

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

同じマナ・コスト(1)(青)(青)を持つ確定カウンター

[編集] 上位互換

[編集] 参考

  1. Counterspell Conundrum(2002年4月19日)
  2. Of Polls and Pies(latest Developments 2002年4月26日 Randy Buehler著)
QR Code.gif