花崗岩の凝視/Gaze of Granite

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gaze of Granite / 花崗岩の凝視 (X)(黒)(黒)(緑)
ソーサリー

点数で見たマナ・コストがX以下の土地でない各パーマネントを破壊する。


黒緑の大量破壊呪文破滅的な行為/Pernicious Deedソーサリー化したようなカード強行軍/Forced March罪+罰/Crime+Punishmentの罰とも近い。

強力なパーマネント破壊しようとするとマナ・コスト重くなりがち。破滅的な行為と違って分割支払いができないため、あまり重いパーマネントには対処しづらい。それでも広範なパーマネントに対処できることは評価できるため、軽いものやトークンへの対策として割り切るのがよいか。フィニッシャーを出した上で優位な状況を固定する呪文という意味では死の雲/Death Cloudに近いかもしれない。

テーロス参入後のスタンダードでは、もぎとり/Mutilateローテーション落ちしたため絡みの貴重な全体除去になる。トークンを使うカードが増えたことも追い風。

特に各色の信心デッキへのアンチカードとして期待される。それらのデッキは軽量のダブルシンボルトリプルシンボルカードを多用するため、X=2~3程度で唱えられれば十分。テーロス・ブロックの各種は破壊できないものの、ほとんどの場合非クリーチャー化できるだろう。波使い/Master of Waves忌まわしき首領/Abhorrent Overlordから出てきたトークンに対しX=0で唱えることもできる。

同様のことは無慈悲な追い立て/Merciless Eviction漸増爆弾/Ratchet Bombでも可能だが、Xマナ呪文特有の柔軟な使い方ができるのが特徴。追放ではなく破壊であることを利用し、自分で破壊不能カードを使う手も考えられる。また死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanを始めとする、黒緑お得意の墓地利用カードと相性がよい。

[編集] 参考

QR Code.gif