再活

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
再活/Jump-Start
種別 常在型能力
登場セット ラヴニカのギルド
CR CR:-

再活(さいかつ)/Jump-Startは、ラヴニカのギルドで登場したキーワード能力。それを持つインスタントソーサリー墓地にある間と、スタックにある間に機能する2つの常在型能力である。


Sonic Assault / 音波攻撃 (1)(青)(赤)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それをタップする。音波攻撃はそのクリーチャーのコントローラーに2点のダメージを与える。
再活(あなたはあなたの墓地から、このカードを、これの他のコストの支払いに加えてカード1枚を捨てることで唱えてもよい。その後、このカードを追放する。)


[編集] 定義

再活(さいかつ)/Jump-Startは「あなたは、これを唱えるための追加コストとしてカード1枚を捨てることで、あなたの墓地からこのカードを唱えてもよい。」と「この呪文がこれの再活能力を使用して唱えられたなら、これがスタックを離れるときはいつでも、これを他の領域に置く代わりに追放する。」を意味する。

[編集] 解説

イゼット団/The Izzet Leagueの終わらない実験を表したメカニズム。イゼット団のであるに割り振られている。

回顧の変種であり、任意のカードをコストに充てられるようになったが、追放されるため繰り返し再利用し続けることはできなくなった。フラッシュバックの変種とも言えるが、墓地から唱えるために手札を消費するため使い勝手はかなり異なる。

リミテッドではインスタントとソーサリーの水増しに役立ち、イゼット団のカードが多く持つインスタントやソーサリーに関連した能力(特に、唱えるたびに誘発する誘発型能力)とシナジーを形成する。

また、このキーワードに関連して墓地と追放領域にあるインスタント・ソーサリーの枚数を参照するカードが何枚か存在している。

  • jump-startとは、バッテリーが上がってしまって動かないエンジンを他のバッテリーに繋いで再始動すること。

[編集] ルール

  • カード・タイプに基づくものを含め、タイミングの制限や許諾に従う必要がある。たとえば、再活を使用してソーサリーを唱えられるのは、普通にソーサリーを唱えられるときのみである。
  • 手札を1枚捨てることは追加コストである。通常、本来のマナ・コスト+手札1枚が再活で唱えるための総コストとなる。
  • 再活を使用して唱えた呪文は、必ずスタックから離れる際に追放されることになる。それが解決されても、打ち消されても、その他の理由でスタックを離れても、関係ない。
  • 再活によって唱える最初の段階で、カードは墓地からスタックに移動する。プレイヤーが再活で唱え始めてから、墓地対策などで妨害することはできない。
  • あなたがあなたのターン中に再活を持つソーサリーを唱えたなら、それを解決した直後にはあなたが優先権を持つことになる。あなたは、他のプレイヤーが何らかの行動を行う前にそのソーサリー・カードを再活によって唱えることができる。
    • 解決した直後に誘発型能力がスタックに置かれる場合は、妨害される可能性がある。

[編集] 参考

QR Code.gif