大変異

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
大変異/MegaMorph
種別 常在型能力
登場セット タルキール龍紀伝
CR CR:702.36b

大変異(だいへんい)/Megamorphは、キーワード能力変異の変種。タルキール龍紀伝初出。それを持つカードプレイできるときに機能する常在型能力と、それが表向きになる時に機能する常在型能力を表す。


Marsh Hulk / 湿地の大男 (4)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) オーガ(Ogre)

大変異(6)(黒)(あなたはこのカードを、(3)で2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。これの大変異コストで、これをいつでも表向きにしてもよい。そうしたなら、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。)

4/6

[編集] 定義

大変異 [コスト]/Megamorph [コスト]は、「あなたはこのカードを、本来のマナ・コストではなく()を支払うことで、裏向きで2/2の、文章名前クリーチャー・タイプやマナ・コストを持たないクリーチャーとして唱えられる。」と「このパーマネントが表向きになるに際し、これを表向きにするために大変異コストを支払っていたなら、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。」を意味する。大変異コストは変異コストである。

また、あなたが優先権を持っているとき(インスタント・タイミング)ならいつでも、その(表向きの時点での)変異コストを支払うことで表向きにすることができる。この処理は特別な処理であり、スタックを使用しない。

[編集] 解説

[編集] ルール

ルールに関しては変異裏向きの項を参照のこと。

[編集] その他

  • 大変異の人気は、「史上すべてのメカニズムの中でも最低クラス」と位置づけられており、ストーム値は9である[1]。他のメカニズムの人気に触れる際に引き合いに出されるほどである[2]
    • 反省点として、同ブロックで先行していた予示や変異に対して劣っており新奇性も乏しかったことと、大変異という名前が酷かったことが挙げられている。[3]

[編集] 脚注

  1. Storm Scale: Khans of Tarkir Block/ストーム値:『タルキール覇王譚』ブロック(Making Magic 2016年2月29日 Mark Rosewater著)
  2. Storm Scale: Zendikar and Battle for Zendikar/ストーム値:『ゼンディカー』『戦乱のゼンディカー』ブロック(Making Magic 2016年11月21日 Mark Rosewater著)
  3. STATE OF DESIGN 2015/デザイン演説2015(Making Magic 2015年8月24日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif