回顧

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
回顧/Retrace
種別 常在型能力
登場セット イーブンタイド
CR CR:702.80

回顧(かいこ)/Retraceは、イーブンタイドで登場したキーワード能力。これを持つカード墓地にあるときに機能する常在型能力である。


Raven's Crime / カラスの罪 (黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
回顧(あなたはこのカードを、それの他のコストの支払いに加えて土地カードを1枚捨てることで、このカードをあなたの墓地から唱えてもよい。)


[編集] 定義

回顧/Retraceは、「あなたはこのカードを、それを唱えるための追加コストとして土地カードを1枚捨てることで、あなたの墓地から唱えてもよい。」を意味する。

[編集] 解説

追加コストとして土地カードを捨てることで、墓地にある回顧カードをマナ・コストを支払い唱えられるようにする能力である。「手札の土地カードが回顧カードのコピーになる」というイメージ。

その特性上、壌土からの生命/Life from the Loamなどの毎ターン土地カードを調達できる手段と相性が良い。

[編集] ルール

[編集] その他

  • 元は「同じのカードを、回顧カードのコピーとして唱えられる」というデザインだったが、開発チームとの擦り合わせの段階で現在のような形に変更された(→Eventide Pool(邦訳:イーブンタイド池)参照)。
  • イーブンタイドでは、回顧を持つカードはすべてインスタントソーサリーである(総合ルールにも明記されている)。パーマネント呪文でも正しく機能できるルールなのだが、おそらく、デザインの段階での「違うカードを、コピーとして唱える」という点からの影響だろう。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif