神秘の蛇/Mystic Snake

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mystic Snake / 神秘の蛇 (1)(緑)(青)(青)
クリーチャー — 蛇(Snake)

瞬速
神秘の蛇が戦場に出たとき、呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

2/2

対抗呪文/Counterspell付きの灰色熊/Grizzly Bears(ないし灰毛皮の熊/Ashcoat Bear)。マナ・コストはちょうどそれらの合計である。

クロック・パーミッション戦略を1枚で体現したかのようなカード色拘束は厳しいが、カード・アドバンテージテンポ・アドバンテージを取りながらインスタント・タイミングで登場するクロックとあって、コスト・パフォーマンスは相当のもの。打ち消す能力戦場に出たときの誘発型能力である関係上、最悪瞬速付きの2/2クリーチャーとして使えるので無駄にならないのも強み。

クリーチャーであるという性質を活かして、バウンスリアニメイトなどで容易に使いまわすことができるのも特徴。狩猟場/Hunting Groundsなど、唱える以外の方法で戦場に出す手段にも枚挙に暇がない。これを最も有効に活用しているのが狩猟場デッキである。

時のらせんタイムシフトカードとして再録一瞬の瞬き/Momentary Blinkとの相性は抜群で、合計3回も打ち消せる。青白緑ブリンクで実際に使われているギミック

  • 呪文を打ち消すことは強制である。神秘の蛇を唱えてから誘発型能力スタックに乗るまでの間に狙うつもりの対象がなくなっていて、望まざる対象しか残っていない場合、その呪文を打ち消すハメになってしまう。
    • こちらの通したい呪文において、カウンターの撃ち合いをした末、対戦相手がスタック上に神秘の蛇とその呪文だけが残るように対処してきた時などに問題となる(→参考「Play of the Week」Yaroslav Berezovskyのリポート)
  • フレイバー・テキストには「シューシューいうあいつの声があんたの耳に届く前に、あんたの肉にあいつの牙が突き刺さっているよ。」とあるのだが、イラストでは明らかに噛み付く前に気づかれている。
    • 「シューシューという声」は日本語では擬音であるが、英語では「hiss」という一単語で「(蛇が)シューシューと声を出す」という意味になる。
    • 余談だが、このシューシュー声はリバー・ボア/River Boaのフレイバー・テキストにも登場している。

[編集] 関連カード

変異誘発型能力版になると虚空魔道士の弟子/Voidmage Apprentice

[編集] サイクル

インベイジョン・ブロックのオマケ付き多色確定カウンターサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif