ウーズ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ウーズ/Oozeは、クリーチャー・タイプの1つ。いわゆるスライムである。


Acidic Slime / 酸のスライム (3)(緑)(緑)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

接死(これが何らかのダメージをクリーチャーに与えたら、それだけで破壊する。)
酸のスライムが戦場に出たとき、アーティファクト1つかエンチャント1つか土地1つを対象とし、それを破壊する。

2/2


Scavenging Ooze / 漁る軟泥 (1)(緑)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

(緑):いずれかの墓地にあるカード1枚を対象とし、それを追放する。それがクリーチャー・カードである場合、漁る軟泥の上に+1/+1カウンターを1個置き、あなたは1点のライフを得る。

2/2


Prime Speaker Vannifar / 首席議長ヴァニファール (2)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) ウーズ(Ooze) ウィザード(Wizard)

2/4

初出はレジェンド始源の軟泥/Primordial Ooze。数は少ないもののたびたび新しいものが登場している。

を中心ににも存在しており、その特徴として増殖していくものや、クリーチャーカウンター墓地カードを取り込んでパワー/タフネスが成長したり能力を得たりするものがある。

ウーズ・トークン生成するカードはヴァンガードKresh the Bloodbraided Avatarを含め多数存在する。パワーとタフネスは不定でトークンを出す際に決定するものが多い。(→トークン一覧

部族カードとしてトークン生成と強化を行う生体性軟泥/Biogenic Oozeが存在する。

伝説のウーズはラヴニカの献身現在、4体存在する(「伝説の(Legendary)・ウーズ(Ooze)」でWHISPER検索)。

  • 比較的稀少度が高い。銀枠を除けばコモンのウーズは腐食軟泥/Corrosive Oozeが初。
  • カード名ではしばしば軟泥と訳されるが、そのままウーズとなっていることもあり、翻訳には幅がある。
  • 部族カードが長らく存在しておらず、かつてMark Rosewaterは「ウーズ・トークンを生成するカードが多いギルド門侵犯は作るチャンスだったが、それを逃してしまった。近いうちに登場させたい」と述べていた[1]。その後、ラヴニカの献身で初の部族カードである生体性軟泥が登場した。

[編集] 参考

  1. Say When/「いつ」の話Making Magic 2014年12月8日 Mark Rosewater)
QR Code.gif