ウーズ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ウーズ/Oozeは、クリーチャー・タイプの1つ。いわゆるスライムである。


Acidic Slime / 酸のスライム (3)(緑)(緑)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

接死(これが何らかのダメージをクリーチャーに与えたら、それだけで破壊する。)
酸のスライムが戦場に出たとき、アーティファクト1つかエンチャント1つか土地1つを対象とし、それを破壊する。

2/2


Necrotic Ooze / 壊死のウーズ (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

壊死のウーズが戦場に出ているかぎり、それはすべての墓地にあるすべてのクリーチャー・カードの起動型能力を持つ。

4/3


Scavenging Ooze / 漁る軟泥 (1)(緑)
クリーチャー — ウーズ(Ooze)

(緑):いずれかの墓地にあるカード1枚を対象とし、それを追放する。それがクリーチャー・カードである場合、漁る軟泥の上に+1/+1カウンターを1個置き、あなたは1点のライフを得る。

2/2

初出はレジェンド始源の軟泥/Primordial Ooze。数は少ないもののたびたび新しいものが登場している。

を中心ににも存在しており、その特徴としてクリーチャーカウンター墓地カードを取り込んでパワー/タフネスが成長したり能力を得たりするものがある。

ウーズ・トークンを生み出すカードは9枚とヴァンガードKresh the Bloodbraided Avatarが存在し、そのパワーとタフネスは不定でトークンを出す際に決定するものが多い。(→トークン一覧

部族カードは未だ存在しないが、Mark Rosewaterはウーズ・トークンを出すカードが多いギルド門侵犯は作るチャンスだったと述べ、近いうちに登場させたいと考えているようだ(「いつ」の話)。

伝説のウーズはクラージ実験体/Experiment Kraj擬態の原形質/The Mimeoplasmのたうつ居住区、ハンウィアー/Hanweir, the Writhing Townshipの3枚が存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif