発生源

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

発生源/Sourceとは、ダメージ能力の生成元を指す。

  • マナの発生源」という言い方で、そのマナを生成したオブジェクトを指すこともある。こちらは総合ルールに項目として記載されている訳ではない。

[編集] ダメージの発生源

「ダメージの発生源/Source of Damage」とは、ダメージを生成させたオブジェクトのことである。

戦闘によってダメージを与える際には、クリーチャーがダメージの発生源となる。また、火力などの呪文に「AはBにC点のダメージを与える」と書かれていれば、Aがダメージの発生源である。

  • 「このターン、あなたが選んだ発生源1つが次にあなたに与えるダメージを軽減する」といった効果によって発生源を選ぶ場合、好きなパーマネントや呪文を選択できる。このときダメージを与え得ないものを選んでも構わない。
  • 防御円は「ダメージの発生源」の特性など)を参照する。
  • 感染を持つ発生源がプレイヤーにダメージを与えるとき、ライフを減らさず、その点数に等しい数の毒カウンターを与える。
  • 感染萎縮、またはその両方を持つ発生源がクリーチャーにダメージを与えるとき、ダメージを負わせず、その点数に等しい数の-1/-1カウンターを置く。
  • 絆魂を持つ発生源がダメージを与えるとき、追加の効果として、その発生源のコントローラーにその点数と等しい点数のライフを得させる。
  • 接死を持つ発生源がクリーチャーにダメージを与えたとき、追加の効果として、そのクリーチャーは状況起因処理によって破壊される。

[編集] 能力の発生源

「能力の発生源/Source of an Ability」とは、その能力を生成したオブジェクトのことである。

  • 起動型能力の発生源のは、その能力の起動コストとは無関係に、そのオブジェクトの色により定まる。
  • いったん能力がスタックに置かれたら、それは能力の発生源とは独立して存在する。発生源を除去しても影響を受けずスタックに残る。能力が発生源の情報を参照する時に、発生源が元の領域にない場合には、その領域を離れる最後の情報を使う。

[編集] 参考

QR Code.gif