救出カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

救出カード(Rescue Card)は、次元の混乱で登場した、「戦場に出たとき、あなたコントロールするクリーチャー1体(もしくは数体)を手札戻す」という救出(Rescue)と呼ばれる誘発型能力を持つ、一部ののクリーチャー・カードの俗称。また、これらのクリーチャーの多くは瞬速を持っている。


Whitemane Lion / 白たてがみのライオン (1)(白)
クリーチャー — 猫(Cat)

瞬速(あなたはこの呪文を、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
白たてがみのライオンが戦場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャー1体をオーナーの手札に戻す。

2/2

かつてプレーンシフト開門と呼ばれるよく似た能力があったが、その亜種だと思われる。開門と違いを問わず、また1枚を除き俊足の豹/Fleetfoot Pantherのように瞬速を持っているため、戦闘中の戦闘ダメージが与えられる前や、除去対応して唱えることで、まさにクリーチャーを「救出」するような使い方ができた。前者に関しては、登場時のルールでは、戦闘ダメージの割り振りスタックに置かれて解決する前に唱えることで、いわゆる「当て逃げ」もできたが、基本セット2010発売に伴うルール改正で、戦闘ダメージの解決にスタックを用いなくなっため、現在ではそのような使い方はできない。

能力は強制であり、開門と同様デメリットとしての側面も小さくないので注意。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif