激浪の研究室/Riptide Laboratory

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Riptide Laboratory / 激浪の研究室
土地

(T):(◇)を加える。
(1)(青),(T):あなたがコントロールするウィザード(Wizard)1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


ウィザード専用の土地。ウィザードを手札戻すことができる。

187クリーチャーを再利用したり、除去されそうなウィザードを救えたりする他、かつては当て逃げさせることも可能であった。

エクステンデッドでは、粗石の魔道士/Trinket Mage呪文づまりのスプライト/Spellstutter Spriteなどの優秀なウィザードの選択肢が多いため、ウィザードデッキやウィザードの要素を含んだフェアリーデッキで活躍した。ローテーションによりエクステンデッドでは使用できなくなったものの、イニストラード瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageを獲得し引き続きエターナルでの活躍が期待される。

リミテッドでは残響の追跡者/Echo Tracerなどを使い回すのが強力。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オンスロート部族ランドサイクル。それぞれ部族専用の起動型能力を持つ。5枚はアンコモン、3枚はレア

アンコモン

レア

[編集] ストーリー

激浪の研究室/Riptide Laboratoryは、オタリア/Otariaの島に建設された激浪計画/Riptide Projectの研究施設。研究対象であったスリヴァー激浪の制御を離れ暴れまわる事態に陥ったため、激浪の魔術師とスリヴァーとの戦いが勃発。その戦いで研究所は廃墟となり、島の覇権はスリヴァーが握ることとなった。

[編集] 参考

QR Code.gif