神河謀叛

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
神河謀叛/Betrayers of Kamigawa
シンボル 手裏剣
略号 BOK
コードネーム Wind
発売日 2005年2月4日
セット枚数 全165種類

神河謀叛/Betrayers of Kamigawaは、神河ブロックの1番目の小型エキスパンション。2005年2月4日に発売された。

目次

[編集] 概要

神河物語に引き続き、日本を基にした次元・神河/Kamigawaを舞台とする。

キーワード能力として献身忍術が登場。また、群れと呼ばれる新たなピッチスペルや、土地をクリーチャー化するエンチャント・源獣サイクルなどがある。でない防衛付きクリーチャーが初めて登場した。

  • 非常に強力な装備品として名高い梅澤の十手/Umezawa's Jitteが登場した。後に「十手ゲー」と呼ばれるほどに猛威を奮い、現在も様々な環境で使われている。
  • 読みは「かみがわむほん」。「かみがわぼうはん」ではない。「神河謀」という誤りも良く見かけるが「神河謀叛」が正解(但し漢字上や意味上においては、さして意味が違うわけではない)。
  • 販売元がタカラ(現タカラトミー)になる最初のエキスパンション。変更が間に合わなかったのか、販売元がシールで上書きされていた。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mike Elliott (lead)
Randy Buehler
デベロップ・チーム
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif