抽出機構/Decoction Module

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Decoction Module / 抽出機構 (2)
アーティファクト

クリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは(E)(エネルギー・カウンター1個)を得る。
(4),(T):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


機構サイクルの1枚。クリーチャー戦場に出るエネルギーを生み出す誘発型能力と、あなたのクリーチャーを手札に戻す起動型能力を持つ。

クリーチャー重視のデッキなら多量にエネルギーを生み出せるだろう。しかしこれ自体はエネルギーを扱うことができず、手に入れたエネルギーの使い道を別途用意する必要がある。起動型能力の方は起動コスト重いものの、CIP能力の再利用や除去からの救助、擬似除去オーラを剥がすなど、限定的ながら戦場に出したクリーチャーのサポートができる。適当に軽いクリーチャーを出し入れするだけでもエネルギーを生み出せるので、隙を見て使いたい。

リミテッドはクリーチャー主体になるのでエネルギーの生産には期待できるが、エネルギーの使い道の確保が難しいところ。相性のいいカードに恵まれなければ、CIPを使いまわしてアドバンテージを稼ぐ、不利な戦闘を帳消しにするといった使い方が主になるだろう。

[編集] 関連カード

カラデシュの機構サイクル。すべて揃えるとマナの続く限り誘発型能力ループし、霊気装置トークンエネルギー+1/+1カウンターが発生する。

同じコンセプトのサイクルにフィフス・ドーン基地サイクルが存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif