ダークスティール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ダークスティール/Darksteel
シンボル カルドラの盾/Shield of Kaldra
略号 DST
コードネーム Lettuce
発売日 2004年2月6日
セット枚数 全165種類

ダークスティール/Darksteelは、ミラディン・ブロックの1番目の小型エキスパンション。2004年2月6日に発売された。タイトルはこのセットに登場する破壊されない金属ダークスティール/Darksteelより。

目次

[編集] 概要

ミラディンに引き続き、金属世界ミラディン/Mirrodinを舞台とする。

今回も新キーワード能力接合が登場した。これはかつてのスパイクの能力をモデルにしている。また、ミラディンには無かった、起動型能力刻印なども登場した。新システムとして、破壊されない(後に破壊不能としてキーワード能力化)アーティファクトや、バイバックを髣髴とさせる脈動サイクルがある。

頭蓋骨絞め/Skullclampが、スタンダードで5年ぶりの禁止カードに指定され話題を呼んだ。

  • 前のブロックのスカージまでは小型エキスパンションのカード枚数は143種類であったが、このセットからしばらくの間は165種類(ないし180種類)へと増加した。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 関連ページ

[編集] 参考

QR Code.gif