アンティキティー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アンティキティー/Antiquities
シンボル 金床
略号 AQ, ATQ
発売日 1994年3月4日
セット枚数 全85種類

アンティキティー/Antiquitiesは、2番目のエキスパンション。1994年3月4日に発売された。意味は「古代」。

[編集] 概要

アンティキティー(古代)の名の通り、ドミナリア/Dominariaの古代に起こったミシュラ/Mishraウルザ/Urza兄弟戦争を題材にしている(時代設定は0AR-64AR)。

このセットは、兄弟戦争で使われた数多くのアーティファクトと、それに関連する呪文で占められており、強力なアーティファクトが多く「秘宝の宝庫」と言われた。アーティファクトへの偏りっぷりはすさまじく、アンティキティーのカードにおいて、「アーティファクト」という単語が書かれていないカードは露天鉱床/Strip Mineウルザランド3種類、合計4種類しかない(また、ウルザの鉱山/Urza's Mineウルザの魔力炉/Urza's Power Plantには、フレイバー・テキストで登場している)。

有名なカードには、Candelabra of Tawnos象牙の塔/Ivory Tower石臼/Millstone拷問台/The Rackミシュラの工廠/Mishra's FactoryMishra's Workshop露天鉱床/Strip Mineテトラバス/Tetravusトリスケリオン/Triskelionウルザランドなどがある。ここに挙げたものの多くは、ミラディン基本セット再録あるいは、リメイクされている。

  • アンティキティーのカードは、約1,500万枚が印刷された。

[編集] デザイン

デザイン&デベロップ・チーム Skaff Elias
Jim Lin
Joel Mick
Chris Page
Dave Petty
アート・ディレクター Jesper Myrfors

[編集] 参考

QR Code.gif