群れの番人/Shepherd of the Flock

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shepherd of the Flock / 群れの番人 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 農民(Peasant)

3/1
Usher to Safety / 安全への導き (白)
インスタント — 出来事(Adventure)

あなたがコントロールしているパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)


自身のパーマネントバウンスする出来事を持つ、人間農民。白に時折現れる救出/Rescueカードであると共に、第六隊の刃/Blade of the Sixth Pride上位互換

呪文としてもクリーチャーとしても単独で見ると物足りないが、カード1枚で両方が使えるとなれば話は別。インスタント・タイミングでの除去からの救出、ETB能力の再利用といった仕事をこなしつつ、それなりのパワーを持つ軽量戦力としても仕事を果たすことができ、うまく使えば1:2交換も可能。エルドレインの王権においては戦場に出した当事者カード手札に戻し、出来事を再利用できるのが便利。これ自身も当事者カードなので2枚あれば互いに戻し合うループも形成でき、延々とチャンプブロックさせ続けるのは勿論、エッジウォールの亭主/Edgewall Innkeeperグレートヘンジ/The Great Hengeが存在していれば繰り返しドローも狙える。

登場時点のスタンダードではエッジウォールの亭主との組み合わせに着目され白緑型の出来事デッキで採用されている。フェアリーの導母/Faerie Guidemother巨人落とし/Giant Killerの出来事、敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon秋の騎士/Knight of AutumnのETB能力を再利用できる点も評価できる。

リミテッドでは、小回りの利くサポートと軽量戦力を1スロットに押し込めるだけで優秀な存在。白緑は出来事をテーマとするためシナジーを形成できるカードが多いほか、武器置き台/Weapon Rack黄金の卵/Golden Eggあたりのアーティファクトを再利用するだけでもまずまずの仕事を果たせる。アンコモン同士なのでやや成立させにくいが、エッジウォールの亭主と合わせてピックできれば多大な物量の獲得が見込めるため是非併用したい。

[編集] 参考

QR Code.gif