MoMaの冬

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

MoMaの冬(MoMa Winter)とは、MoMaが全世界で猛威を振るった1998年末から1999年始めにかけての時期の通称。1996年のネクロの夏に対比した表現である。


Mind Over Matter / 精神力 (2)(青)(青)(青)(青)
エンチャント

カードを1枚捨てる:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とする。あなたはそれをタップまたはアンタップしてもよい。



Tolarian Academy / トレイリアのアカデミー
伝説の土地

(T):あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき、あなたのマナ・プールに(青)を加える。


目次

[編集] 概要

[編集] ウルザズ・サーガ発売後

1998年10月にウルザズ・サーガが発売されると、すぐに各地で「トレイリアのアカデミー/Tolarian Academyはやばい」とささやかれ始め、多くのプレイヤーがトレイリアのアカデミーを使ったデッキを模索し始めた。そして生み出されたのが精神力/Mind Over Matterでトレイリアのアカデミーをアンタップして大量のマナを生み出すMoMaだったのだが、カード・プールの狭いスタンダードですら1ターンキルの確率が5%を超えるという化け物になってしまったのだ。

DCIもこの危険性を認知し、12/1の禁止カード発表(発効は1999/1/1)でトレイリアのアカデミーと意外な授かり物/Windfallを禁止すると発表した。だが、禁止が適用される間には2つの大きなイベントが存在していた。プロツアーローマ98The Finals98だ。結果、この2つのトーナメントはMoMa一色に染まってしまったのである。当然メタデッキも現れてきたのだが、などの全く関係ないデッキまで「(旧)レジェンド・ルールを利用して先置きする」ためだけにトレイリアのアカデミーを4枚積みする、などと言ったデッキ構築がまかり通る環境になっていた。

[編集] トレイリアのアカデミー・意外な授かり物禁止後

年が明けて2枚のカードが禁止になっても、MoMaは死んではいなかった。トレイリアのアカデミーの穴をドリーム・ホール/Dream Hallsで埋める事に成功し、ドリームホールモマとしてMoMaは再び悪さを始めたのだ。

その結果、4/1付けで時のらせん/Time Spiral水蓮の花びら/Lotus Petal、ドリーム・ホールが禁止カードに追加されることになった。さらに、6/1付けでスタンダードの基本セット第5版から第6版へ切り替わった際に魔力の櫃/Mana Vaultがスタンダードから姿を消し、「ライフが0以下になると即座に敗北する」ルールに変更された事でさらに弱体化した。

こうしてデッキのキーカードを大量に失った結果、当初のMoMaの異常なまでのパワーは失われ、MoMaの冬は終わりを告げた。それでも、まだまだ諦めない人は居た。精神力を戦場に出すのは実物提示教育/Show and Tellで、魔力の櫃の代わりは厳かなモノリス/Grim Monolith、時のらせんの代用として先細りの収益/Diminishing Returnsを手に入れて、実物提示モマとして何とかしぶとく生き残っていた。しかし、日本選手権99でベスト8に一人を送り込んだのを最後に、7/1付けで精神力そのものを禁止され、MoMaは永遠に眠ることとなった。

  • 上記の通りネクロの夏と対比されるが、MoMaのたちの悪さはネクロより数段上である。ネクロはまだ十分にアンチデッキで対抗可能なレベルであり、実際ネクロの夏で優勝したのは白ウィニーであった。しかしMoMaにそんな常識は通用せず、他の全てを捨ててメタって、ようやく五分になるかどうかである。MoMaの冬を制するのは、「ミラーマッチに強いMoMa」だったのだ。
  • いつまでをMoMaの冬とするかは諸説あるが、一番有力なのは1999年3月31日まで(時のらせんなどが禁止されるまで)とする説だろうか。他にも、MoMaがMtG史上最強のデッキであった1998年12月31日(トレイリアのアカデミーなどが禁止されるまで)とする説、さらにはMoMaが完全に消滅した1999年6月30日まで(力を大きく失った晩期でも、MoMaはメタの一角を占めていた)とする説もある。
  • R&Dはこれを教訓に、実際にデッキを組み込んでカードパワーを調整するFFLのシステムを生み出した。(参考

[編集] 参考

QR Code.gif