青緑スレッショルド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

青緑スレッショルド(UG Threshold)は、オデッセイ・ブロックで発祥したスレッショルドを持つクリーチャーを軸にした青緑ビートダウンの一種。カウンターによりクリーチャーを守るクロック・パーミッションの一種でもある。

目次

[編集] 概要


Nimble Mongoose / 敏捷なマングース (緑)
クリーチャー — マングース(Mongoose)

被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)
スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、敏捷なマングースは+2/+2の修整を受ける。

1/1


Werebear / 熊人間 (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) 熊(Bear) ドルイド(Druid)

(T):(緑)を加える。
スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、熊人間は+3/+3の修整を受ける。

1/1

土地を切り詰めて(→ゼロックス軽量ドローを連打し、ライブラリーを掘り下げスレッショルドに到達させるのが狙い。

[編集] オデッセイ・ブロック期

オデッセイスレッショルドが世に出ると同時にDavid Humpherysらによって考案された。


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2


Careful Study / 入念な研究 (青)
ソーサリー

カードを2枚引き、その後カードを2枚捨てる。


ドローディスカードを両立するカードを多く採用し、野生の雑種犬/Wild Mongrelなども織り交ぜて最速3ターンでのスレッショルドを目指すことにより、高速で大型のスレッショルドクリーチャー展開する。

もとはオデッセイ・ブロック構築発祥のデッキだが、スタンダードでも展開力とドロー性能はステロイドより早く、さらにその高速性ゆえに強い(サイカトグを食える)ので、世界選手権02でも青緑マッドネスより多いおよそ1割ものプレイヤーが使用していた。しかしネタが割れてしまい、逆に研究が進んだサイカトグに食われ、どうにかRaphaël Lévyが16位という結果に終わる。LévyのレシピWorld Championship Decks 2002を参照。

ワームの咆哮/Roar of the Wurmクローサの獣/Krosan Beastなどを投入した大型タイプや、栄光/Glory秘教の処罰者/Mystic Enforcerなどを入れたタッチタイプで巻き返しを図るも、オンスロートで得たものがルーンの解読/Read the Runes程度で、さらに爆発力で青緑マッドネスに劣り、衰退の一途を辿っていった。

  • 生みの親であるDavid Humpherysが、世界選手権時にはコテコテのサイカトグを使っていたのは皮肉な話である。
  • 同様のスレッショルドデッキとして激動/Upheavalリセットをメインとした8Manも存在したが、このデッキとは挙動がまた少し異なっている。詳細は8Manの項目を参照のこと。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
4 熊人間/Werebear
3 不可思議/Wonder
呪文 (19)
4 霊気の噴出/AEther Burst
1 打開/Breakthrough
4 留意/Mental Note
4 入念な研究/Careful Study
3 ワームの咆哮/Roar of the Wurm
3 行き詰まり/Standstill
土地 (22)
3 ケンタウルスの庭園/Centaur Garden
8 森/Forest
11 島/Island
サイドボード
4 被覆/Envelop
1 森/Forest
2 クローサ流再利用/Krosan Reclamation
2 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur
4 リスの巣/Squirrel Nest
2 激動/Upheaval

[編集] レガシー

新たなフォーマットとしてレガシーが成立してから、再び注目されるようになった。


Brainstorm / 渦まく知識 (青)
インスタント

カードを3枚引き、その後あなたの手札からカードを2枚、あなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。



Force of Will / 意志の力 (3)(青)(青)
インスタント

あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、1点のライフを支払うとともにあなたの手札にある青のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


土地を切り詰め(フェッチランドを除けば10枚前後)、低マナ域にシフトすることによってドローカウンター除去を同時に行い、フェッチランドも組み合わせつつ高速でスレッショルドに到達させる。

当初からデッキの完成度が高くメタゲームの一角を担っていたデッキであるが(→初期型)、未来予知タルモゴイフ/Tarmogoyfが加わるや否や、瞬く間にトップメタの座に君臨する事となる(→未来予知後)。

また、相殺/Counterbalance師範の占い独楽/Sensei's Divining Topギミックを取り入れたタイプも活躍している(→CounterTop-Goyf)。

マナ域のカードが多いため、冬の宝珠/Winter Orbなどによりマナ拘束をかけるタイプも存在する。この場合は、コントロール系の他、同系にも有利に戦えるが、メタ次第といったところ。

デッキの構成は緑青をベースに、3色目によってサポートする形をとるのが一般的。以下に各色の特徴を述べる。

緑青
3色目を投入しないタイプであり、そのため色事故を気にする必要がなく、積極的に不毛の大地/Wastelandを採用できるのが利点。その他のスロットは追加のドロー呪文や軽量カウンターが採用される。
しかし、クリーチャー除去がほとんど不可能に近いため、強力なクリーチャーの多い近年では、このタイプはほとんど見かけないものとなっている。
タッチ白
剣を鍬に/Swords to Plowsharesを採用できる点が最も大きい。加えて翻弄する魔道士/Meddling Mage忘却の輪/Oblivion Ringを採用できるため、他の色に比べて柔軟性が高い。反面、爆発力が薄く、器用貧乏に陥りやすいタイプでもある。
なおアラーラの断片ブロックが追加された現在では、スレッショルドにこだわらず、バントアグロを選択するプレイヤーも多い。
更に最近では、アタッカーに聖遺の騎士/Knight of the Reliquary土を食うもの/Terravoreを採用したNew Horizonsが登場してきた。
タッチ黒
手札破壊やクリーチャー除去が採用可能になる。そのためタッチ白のタイプ同様、柔軟性が強化される。また闇の腹心/Dark Confidantによるハンド・アドバンテージがこのタイプの強みである。
手札破壊には定番の思考囲い/Thoughtseize、追加の強迫/Duressを用いるのが一般的。クリーチャー除去には燻し/Smother恐ろしい死/Ghastly Demiseなどの軽いものが好んで採用される。
闇の腹心を生かすためにCounterTop-Goyfの形になることも多い。
上記のためコントロールコンボデッキに強く、ミラーマッチにも有利だが、他の色に比べて線が細いため、アグロデッキに対して弱い、という弱点がある。
柔軟性という点でタッチ白のタイプとよく比較されるが、除去に関しては剣を鍬にの存在で劣り、クリーチャーのサイズでも見劣りする。黒の最大の魅力は手札破壊を擁することにあるが、手札破壊それ単体だけではアドバンテージを失いやすく、スレッショルドの弱点である「戦場を固められた」状況に対応できない。こうしたことから、タッチカラーに黒を選ぶタイプは少ない傾向にある。
こうした閉塞感から研究が進み、ハンド・アドバンテージを捨てスピードに特化し、より攻撃的なスタイルへ変化しつつある。→Team America
タッチ赤
火力によってビートダウンをサポートするタイプ。
火力には稲妻/Lightning Bolt火+氷/Fire+Iceなどの定番カードが採用される。タルモゴイフ/Tarmogoyfの登場直後は、炎の印章/Seal of Fireタール火/Tarfireによって更に打撃力を上げようとするタイプも見られたが、それがなくともタルモゴイフは十分に強力であり、また環境にタルモゴイフがあふれていることで諸刃の剣となり得るため、必要性がないと判明した。
サイドボードにはゴブリンなどのアグロデッキに対する紅蓮地獄/Pyroclasm、ミラーマッチを含む青に対する赤霊破/Red Elemental Blast紅蓮破/Pyroblastが採用可能であり、この点も大きな魅力の一つ。
弱点は除去が火力であることで、サイズの大きいクリーチャーが一度戦場に出てしまうと対処しづらい。特にレガシーにおいては墓忍び/Tombstalkerが高速召喚されるため、バウンスを少し挿しておくことが多い。
近年ではスピードとテンポ・アドバンテージに特化した、Canadian Thresholdと呼ばれるバリエーションも登場した。

[編集] サンプルレシピ(タッチ白)

メインデッキ (60)
クリーチャー (12)
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
4 熊人間/Werebear
呪文 (30)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 目くらまし/Daze
4 意志の力/Force of Will
2 留意/Mental Note
4 呪文嵌め/Spell Snare
4 もみ消し/Stifle
4 剣を鍬に/Swords to Plowshares
4 思案/Ponder
土地 (18)
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 森/Forest
1 冠雪の島/Snow-Covered Island
4 Tropical Island
4 Tundra
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
サイドボード
3 相殺/Counterbalance
2 クローサの掌握/Krosan Grip
4 翻弄する魔道士/Meddling Mage
3 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
2 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
1 崇拝/Worship

[編集] サンプルレシピ(未来予知後)

メインデッキ (60)
クリーチャー (12)
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
4 熊人間/Werebear
呪文 (30)
4 渦まく知識/Brainstorm
4 目くらまし/Daze
4 意志の力/Force of Will
4 先触れ/Portent
4 予報/Predict
1 急流/Rushing River
1 応じ返し/Snapback
4 呪文嵌め/Spell Snare
4 もみ消し/Stifle
土地 (18)
1 繁殖池/Breeding Pool
3 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
2 島/Island
2 汚染された三角州/Polluted Delta
4 Tropical Island
4 不毛の大地/Wasteland
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
サイドボード
4 相殺/Counterbalance
2 雹の嵐/Hail Storm
2 クローサの掌握/Krosan Grip
3 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
4 梅澤の十手/Umezawa's Jitte

[編集] サンプルレシピ(初期型)

メインデッキ (60)
クリーチャー (10)
4 熊人間/Werebear
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose
2 巣立つドラゴン/Fledgling Dragon
呪文 (32)
4 目くらまし/Daze
4 火+氷/Fire+Ice
4 意志の力/Force of Will
4 対抗呪文/Counterspell
4 稲妻/Lightning Bolt
4 留意/Mental Note
4 血清の幻視/Serum Visions
4 渦まく知識/Brainstorm
土地 (18)
2 島/Island
4 Tropical Island
4 Volcanic Island
4 汚染された三角州/Polluted Delta
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
サイドボード
4 紅蓮地獄/Pyroclasm
3 冬の宝珠/Winter Orb
3 帰化/Naturalize
2 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
2 赤霊破/Red Elemental Blast
1 紅蓮破/Pyroblast

[編集] 参考

QR Code.gif