濁浪の執政/Murktide Regent

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Murktide Regent / 濁浪の執政 (5)(青)(青)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
飛行
濁浪の執政は、これによって追放された、インスタントやソーサリーであるカードの枚数に等しい数の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
インスタントやソーサリーであるカード1枚があなたの墓地を離れるたび、濁浪の執政の上に+1/+1カウンター1個を置く。

3/3

探査飛行を持つドラゴン。素のサイズは小さめだが、らしく追放等に利用されたインスタントソーサリーの枚数次第で大きくなる。

自身を唱える段階で探査によって墓地から追放したスペルの枚数が+1/+1カウンターに変換される。戦場に出てからは追放に限らずに、墓地から離れた同カードタイプ枚数だけ巨大化していく。1体目を出した後に墓地を肥やし、探査で2体目を出すことで1体目の強化に繋がる点が強力。連続して唱えたい&相手の妨害が無い前提であれば、1体目はあまり+1/+1カウンターを乗らないようにして、2体目以降で多く追放した方が合計のサイズは大きくなる、という事でもある。

大型探査フライヤーの競合として思い起こすのは墓忍び/Tombstalkerであろう。モダン以下限定の神話レア相応にカードパワーはそちらより高く、そこまで特化したデッキ構成でなくとも2マナ6/6ぐらいのサイズは簡単に捻出でき、以降どんどん大きくなるのは強力無比。モダンでも十二分な性能を持っているが、軽いインスタント・ソーサリーを自然にどんどん墓地に送る事ができるという点ではレガシーの方が潜在的なフォーマット相性が良い。探査ファッティに共通する点だが、切削系の相手に相性が良いのも強み。

同時登場のドラゴンの怒りの媒介者/Dragon's Rage Channelerとの相性が非常に良く、モダンレガシー青赤デルバーで採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif