青緑マッドネス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

青緑マッドネス(UG Madness)は、緑青で組まれたマッドネスデッキ。マッドネスデッキの中でも最も有名なタイプのデッキ

ビートダウンの一種だが、堂々巡り/Circular Logicによるカウンターも強力なため、一種のクロック・パーミッションにも数えられる。

目次

[編集] 概要


Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ (緑)
クリーチャー — トカゲ(Lizard)

(1)(緑):日を浴びるルートワラはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。
マッドネス(0)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

1/1


Circular Logic / 堂々巡り (2)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。それを、それのコントローラーがあなたの墓地にあるカード1枚につき(1)を支払わないかぎり、打ち消す。
マッドネス(青)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)



Wonder / 不可思議 (3)(青)
クリーチャー — インカーネーション(Incarnation)

飛行
不可思議があなたの墓地にあり、かつあなたが島(Island)をコントロールしているかぎり、あなたがコントロールするクリーチャーは飛行を持つ。

2/2

序盤から優秀な共鳴者展開して、マッドネスを持つクリーチャーや、フラッシュバックを持つワームの咆哮/Roar of the Wurmを使ってビートダウンを行うのが基本的な動き。

前身であるワイルドワームや、他のマッドネスデッキとの違いは、カード捨てる手段の一つである入念な研究/Careful Studyマーフォークの物あさり/Merfolk Looterドローを兼ねること。これにより、カードを捨てつつも手札の減少を抑えることができるし、動きもはるかに安定する。

また、このデッキを語る上で欠かせないのが不可思議/Wonderの存在。これによって、ただでさえ驚異的な6/6ワームトークンなどが飛行を持ち、敵ブロッカーを容赦なく飛び越えた。このデッキが非常に強力なのも、半分は不可思議のおかげである。

[編集] オデッセイ・ブロック期

マッドネスデッキは元来オデッセイ・ブロック構築で注目を集めたデッキであり、Ken Hoプロツアー大阪02で優勝を飾っている。→*1

スタンダード当初は青緑スレッショルドリス対立などの他の青緑デッキと同格の存在に過ぎなかったが、ジャッジメント不可思議/Wonderを得て本格化。さらに物静かな思索/Quiet Speculationによる新メカニズム、クワイエット・ロアーも組み込まれて一躍メタの中心に踊り出た。

クリーチャーサイズと速度、ドローカウンターによるサポートもある安定感のあるデッキだが、の共通した特徴であるクリーチャー除去の乏しさは弱点。特に戦闘に参加しないシステムクリーチャーを使うデッキには苦戦を強いられる。スタンダードでは、エルフ・ビート幸運を祈る者/Wellwisherゴブリンデッキ火花鍛冶/Sparksmithなどが厄介な存在だった。

弱点を補うために、タッチし柔軟性を増すタイプも存在する。日本選手権03では大塚高太郎がこれらシステムクリーチャー対策かつ野生の雑種犬/Wild Mongrelサイカトグ/Psychatogキラーの燻し/Smotherを搭載した青黒緑マッドネスを使用し、優勝を飾っている。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
4 アクアミーバ/Aquamoeba
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
3 熊人間/Werebear
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
呪文 (18)
4 堂々巡り/Circular Logic
4 ワームの咆哮/Roar of the Wurm
3 激動/Upheaval
3 リスの巣/Squirrel Nest
4 行き詰まり/Standstill
土地 (23)
13 森/Forest
9 島/Island
1 色あせた城塞/Tarnished Citadel
サイドボード
4 オーラの移植/Aura Graft
3 一瞬の平和/Moment's Peace
3 ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter
2 説得/Persuasion
3 動かぬ生/Still Life

[編集] エクステンデッド

スタンダードのものから本質的な変化は無く、新規参入は金属モックス/Chrome Mox梅澤の十手/Umezawa's Jitte程度。サイドボードにはリアニメイト対策の波止場の用心棒/Waterfront Bouncer金粉のドレイク/Gilded Drakeコンボが搭載される場合が多い。

当初はそれほど注目されていなかったが、カジュアルプレイでスタンダードの青緑マッドネスがエクステンデッドThe Rockに勝利した結果、尊大なワーム/Arrogant Wurm破滅的な行為/Pernicious Deedに強いことが判明し、一挙に人気デッキになった。

2005年ローテーション後は、ラヴニカ:ギルドの都ショックランド登場による多色化の傾向に合わせ、タッチしたものが主流となっている。→青黒緑マッドネス

また、新たな共鳴者としてサイカトグ/Psychatogを取り入れたマッドサイカや、新エンジン発掘とのシナジーを活かしたゴルガリマッドネスも登場。


Psychatog / サイカトグ (1)(青)(黒)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

カードを1枚捨てる:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
あなたの墓地にあるカード2枚を追放する:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

1/2


Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)


[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (20)
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
2 不可思議/Wonder
4 アクアミーバ/Aquamoeba
1 マーフォークの物あさり/Merfolk Looter
1 思考の急使/Thought Courier
呪文 (20)
2 ワームの咆哮/Roar of the Wurm
3 目くらまし/Daze
4 入念な研究/Careful Study
2 直観/Intuition
4 堂々巡り/Circular Logic
3 綿密な分析/Deep Analysis
2 金属モックス/Chrome Mox
土地 (20)
9 島/Island
7 森/Forest
4 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast
サイドボード
3 水没/Submerge
3 酸化/Oxidize
4 寒け/Chill
1 天啓の光/Ray of Revelation
2 波止場の用心棒/Waterfront Bouncer
2 マスティコア/Masticore

[編集] レガシー

開始期のレガシーでも活躍していた。

基本パーツは従来のそれから変化はなく、エクステンデッドのものと比較してもの定番呪文であるピッチカウンター意志の力/Force of Will軽量ドロー渦まく知識/Brainstormが加わる程度。

マナ基盤フェッチランドデュアルランドでかなり安定しており、基本でない土地対策の不毛の大地/Wastelandも多く活用される。

長らく青緑ビートダウンの主流として活躍していたが、徐々に青緑スレッショルドのほうが主流になり始め、未来予知タルモゴイフ/Tarmogoyfが加わるころには衰退した。

その後基本でない土地を控えめにして基本に帰れ/Back to Basicsを採用するなど、種々の変形型が考案されていたが、エルドラージ覚醒で登場した復讐蔦/Vengevine適者生存/Survival of the Fittestを入れた青緑マッドネスがグランプリコロンバス10でベスト4入りし、これ以降、サバイバル系デッキとハイブリッドさせるのが主流になった(→*1)。共鳴者日を浴びるルートワラ/Basking Rootwallaで復讐蔦の復活条件を用意に満たすことができるのも大きい。このバージョンを蔦マッドネスVine Madness)などと呼ぶ。しかし、適者生存は後にレガシーの禁止カードに指定されてしまった。

[編集] サンプルレシピ1

UG Madness [1]
土地 (22)
3 冠雪の森/Snow-Covered Forest
3 冠雪の島/Snow-Covered Island
4 Tropical Island
4 不毛の大地/Wasteland
2 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
2 汚染された三角州/Polluted Delta
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
クリーチャー (18)
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
4 アクアミーバ/Aquamoeba
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
2 不可思議/Wonder
呪文 (20)
2 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
2 綿密な分析/Deep Analysis
4 渦まく知識/Brainstorm
4 意志の力/Force of Will
2 目くらまし/Daze
4 堂々巡り/Circular Logic
2 もみ消し/Stifle
サイドボード (15)
2 秘儀の研究室/Arcane Laboratory
2 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
3 虚空の杯/Chalice of the Void
2 真髄の針/Pithing Needle
3 青霊破/Blue Elemental Blast
3 雹の嵐/Hail Storm


  • 非常にオーソドックスなタイプ。

[編集] サンプルレシピ2

UG Survival [2]
土地 (21)
3 森/Forest
1 ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle
1 島/Island
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 沸騰する小湖/Scalding Tarn
4 Tropical Island
4 不毛の大地/Wasteland
2 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
クリーチャー (24)
4 アクアミーバ/Aquamoeba
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
4 貴族の教主/Noble Hierarch
3 三角エイの捕食者/Trygon Predator
4 復讐蔦/Vengevine
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
1 不可思議/Wonder
呪文 (15)
2 目くらまし/Daze
4 意志の力/Force of Will
3 もみ消し/Stifle
4 適者生存/Survival of the Fittest
2 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
サイドボード (15)
2 フェアリーの忌み者/Faerie Macabre
3 クローサの掌握/Krosan Grip
4 呪文貫き/Spell Pierce
3 水没/Submerge
3 太陽と月の輪/Wheel of Sun and Moon


[編集] ヴィンテージ

ヴィンテージ環境にも同様のデッキは存在する。


Bazaar of Baghdad
土地

(T):カードを2枚引き、その後カードを3枚捨てる。



Lion's Eye Diamond / ライオンの瞳のダイアモンド (0)
アーティファクト

あなたの手札を捨てる,ライオンの瞳のダイアモンドを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。この能力は、あなたがインスタントを唱えられるときにのみ起動できる。


カード墓地に落とす手段としてBazaar of Baghdadがよく使われる。また、ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond起動コストワームの咆哮/Roar of the Wurmを落とし、1ターン目から6/6のワームトークンが出ることもしばしばである。

[編集] 参考

QR Code.gif