秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1
Insectile Aberration / 昆虫の逸脱者
〔青〕 クリーチャー — 人間(Human) 昆虫(Insect)

飛行

3/2

アップキープの開始時にライブラリーの一番上カードインスタントソーサリーであれば、強力な昆虫人間へと変身するクリーチャー第1面クリーチャー・タイプも含めて脱走魔術師/Fugitive Wizardと同等、第2面は4マナ噛みつきドレイク/Snapping Drakeと同等である。

変身するかどうかは基本的に運任せだが、追加コストもいらず、ゲーム展開に悪影響が出るような特殊な条件でもないため、扱いやすい。変身を前提に使うことになるが、特化せずともそのうち変身は可能であり、デッキ構築段階でインスタント・ソーサリーが多くライブラリー操作も得意なデッキを組めばさらに確実。事実上の1マナ3/2フライヤーという強烈なウィニーアタッカーとして扱える。1マナと軽いため隙を作りにくく、カードの性質上土地を切り詰め軽量ドローを連打しカウンターでバックアップするクロック・パーミッションと特に合致したカードである。

そのカードパワーフォーマットを問わず幅広く活躍、Delver-Goという固有のアーキタイプをも生み出した。スタンダードでは当初イリュージョンデッキで注目され、その後バックアップに装備品を利用したDelver-Bladeメタゲームの中心として猛威を振るった。また、カードプールが広くなるほど軽くて強力なインスタント・ソーサリーを扱いやすくなることから、モダンエクステンデッドはもとよりエターナルフォーマットでも活躍。特にレガシーでは、青緑スレッショルドの派生デッキ(Canadian ThresholdTeam Americaなど)でタルモゴイフ/Tarmogoyfと並ぶ主力アタッカーとして実績を挙げている。コモンであるためPauperでも使用でき、渦まく知識/Brainstorm定業/Preordainとのシナジー青ウィニーの主力を担う。

リミテッドでは基本的にどんなデッキもクリーチャー主体となるため変身条件を満たしにくいが、変身後の性能は4〜5マナ域と同等であるため、1ターン目に出して5ターン目ぐらいに変身したとしても十分に標準以上。第2面も人間であるため、人間を参照する装備品がつくと手がつけられない。また、イニストラード・ブロックには未練ある魂/Lingering Souls等のクリーチャーを戦場に出す呪文や、思考掃き/Thought Scour等のデッキの動きを阻害しないドロー呪文・デッキ圧縮呪文などが豊富であるため、それらを優先的にピックすることで変身する確率を底上げできるのもポイントで、青の基本戦略のひとつともされている。ただし変身したところをバウンス月霧/Moonmistで妨害されやすい弱点には注意。

  • 「ライブラリーの一番上を見て、(条件を満たしていて、かつ望むなら)公開して、変身」が一連の変身能力である。
    • 変身しない場合は公開する必要はないため、手札の中身がバレる心配はない。また、あえて公開しないことで打ち消しなどをこっそり手札に加えるプレイングにも利用できる。
    • 解決しはじめたら、その間に割り込むタイミングはない。例えば公開したのに対応して1点火力除去、なんてことはできない。対戦相手側としては、除去するならばライブラリーの一番上を見る前の段階で決断する必要がある。
  • 第2面は人間でありながら昆虫でもあるかなり特殊なクリーチャーであり、イラストも気色悪い。この姿は、自分の身体を実験台にしてなった結果らしい。
残念ながら、私の実験動物はすべて死ぬか逃げるかしてしまった。ならば私が最後の実験台となろう。 恐れは無い。 重大な夜となるだろう。
研究記録、最後の書き込み

[編集] 参考

QR Code.gif